スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺のキンチャックがこんなに開くわけがない

最近何もやる気が起きません。
どうしたことだ。
身体がだるい。頭が働かない。

つーか、度々ツイートしてたりしたけど作業ズボンのキンチャック下がってくるんすよ。
知らんうちに武装開放(オープンファイア)してるし。
いやーさすがにこれマズいだろ1人の紳士として。これマズいだろ。

まいったねホント会社の支給品なんて安くさくてさー
しょーがないからこの前新しく頼んだズボンに替えたわけですよ

下がるわ。

下がってるわ。
またも知らんうちにハイマットフルバースト仕様じゃねーかこれ
どーすんだよこれ

困ったことになった……
これから俺は常にキンチャックに気を配りながら作業しなければいけない

わずかな集中力の途切れがミスを呼んでしまう
顧客の信用が下がり、ことによってはあっという間に経営が傾いてしまうこともあるかもしれない

そう
このキンチャックには会社の進退がかかっているといっても過言ではないのだ
どうにかしなければ
というか、いちいちキンチャックを上げているのは絵的によろしくない婚期が遅れてしまう
どうにかしなければッ……!

しかしだ
替えたズボンでもキンチャックが下がってしまうとはどういうことだ?

こうなってくると、問題はズボンにあるわけでないという可能性が高い

バカな、問題は俺自身にあるというのか?
そんなバカな
俺はいつも通りいつもの作業ズボンを穿いて業務に励んでいただけじゃないか

Σ
まさか太っ……



うーんヨクワカラナイナー
頭が働かなくてダメダナーなんかボーッとするナー

これ多分アレだよほら5月病ってヤツ
そうか病気ならしょうがないな

まぁでもなんかボーッとしてよく分からないけど会社の生き死にがかかってるとかそんな話だったような気もするし
ちょっと調べてみる必要があるかナーできる大人はつらいナー


五月病
五月病(ごがつびょう)とは、新人社員や大学の新入生などに見られる、新しい環境に適応できないことに起因する精神的な症状の総称である。

(ウィキペディアより引用)


(  ゚,_ゝ゚)…………。


(  ゚,_ゝ゚) ←勤務5~6年のそこそこベテラン

(  ゚,_ゝ゚) ←異動とかも全然なくてまったく環境に変化なし


そしてトラちゃんは考えるのをやめた。


あれ?
つーか今回、ポロネーズ2んd氏のリクエストで対下回転のスピードドライブの記事書くつもりじゃなかったっけ
どうしてこうなった
キン☆チャックの話は3行くらいで終わらせて、[続きを読む]からスピードドライブの記事書くつもりだったのに
どうしてこうなった

まぁこうなってしまった以上アレだ明日からがんばろうそうしよう
ポロきゅんごめん許しち☆


5月病だと言い張りたい仲間のあなたは投票お願いします!
↓のバナーをクリックすると当ブログのランキングが上がります
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村

張継科から学ぶバックハンドドライブ!(3)

だいぶ間が空いてしまってすいません!

前々回のテイクバックの記事、
前回の上半身の使い方の記事からいよいよラスト、
下半身の使い方とボールの捉え方をまとめます。

続きを読む

張継科から学ぶバックハンドドライブ!(2)

前回記事のテイクバックから、いよいよスイングに入ります!

続きを読む

張継科から学ぶバックハンドドライブ!(1)

近年、戦術的に大きな進歩を遂げて活躍しているプロ選手といえば水谷隼選手、陳杞選手だと思います。
共通しているのはバックハンドドライブの強化!

以前は両者ともフォアハンドが攻撃の中心であり、バックサイドを攻められると
水谷選手はブロックやフィッシュの繋ぎから守備的な展開になってしまうことが多く、
陳杞選手はリスクを負ってでも回り込むような展開が多かったように思います。

しかし今では前陣でもバックハンドで強い回転をかけることができ、中~後陣でも飛距離を出して打てるので
プレー領域を問わず攻勢に出ることができるようになっています。

レシーブにおいては、チキータの進化系ともいえる台上バックドライブが世界的に主流になっており
現代卓球において「バックハンドドライブの強化」は最もホットなテーマと言えるのではないでしょうか?

私は対上回転のバックドライブが得意でなく、前陣ではハーフボレーやプッシュ
中陣では無理に振り回して弾き飛ばすことが多かったのですが
身体の使い方をより踏み込んで検証することで、だんだんとコツを掴んできました。

先月の体育館が使えない間なんて、ひたすら鏡の前に立って
あーでもないこーでもない考えながら黙々ラケット振ってましたからね……(怖


前置きが長くなってしまいましたが、やはり手っ取り早いのは
いいお手本を探してその動きのメカニズムを検証することです。

そう、バックドライブのお手本といえばこの人しかいない!
多彩な先進的バックハンド技術で頭角を現した中国若手筆頭候補、張継科選手から
現代的なバックハンドの打ち方を学んでみようそうしよう!

続きを読む

ループドライブのタイミングとフリーハンド

黒コルクさんからリクエストを頂きました!

Q.
全力のフォアハンドループドライブの時、肘をどんなタイミング(上膊と胸の角度)で返していらっしゃいますか?
また、フリーハンドはどんなふうに使っておられますか?

続きを読む

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。