スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

打つ瞬間「声を出す」納得の理由とは!

自分のブログを確認したらいきなりキモい顔がどアップで出てきて自分でびっくらこいてしまったToraですこんばんわ。

今日はS木さんといい練習ができました♪
ただ、超久しぶりのシステム練習だったので精度の甘くなっているところがちらほら……
試合では練習よりも確実に精度が下がりますから、練習でのミスは絶対になくさないといけないですね。

以前は「擦る」「引っかける」感覚を掴むために、ひたすら回転重視のドライブを練習してきましたが
最近では対下回転のパワードライブを練習しているように、対上回転にしても
全般的にスピード重視のドライブを中心に取り組んでいます。
やっぱり絶対的なスピードがないと、ある程度慣れた相手にはけっこう簡単に対処されてしまいますからね;

バックハンドで布石を作りながら広いスタンスで踏ん張って気合一閃!
快音を響かせながら会心のフォアドライブが入ると気持ちいいですね(*´▽`)


ところで
私は強打を放つとき、必ず「ウーッ!」と声を発しながらスイングします。

プロ選手でも声を出しながら打つ選手は多いですよね。
水谷選手もパワードライブを打つときは「ウーッ!」と唸りますし
愛ちゃんも難しい場面でスマッシュを打つときなどやっぱり「ウーッ!」です

オフチャロフ選手やプリモラッツ選手なんか常時「アァ~ン(*´Д`)」ですからね
むしろ相手(あるいは客)の精神的動揺も誘えそうです。


さて、今回のテーマは
なぜ声を発することが重要なのか? ということです。

じつはこれ、精神的な作用を目的としたものでなく(もちろんそういった効果もありますが)
科学的っぽい根拠が存在します!

それは、腹筋に一瞬だけ力を入れることができるということです。

力任せにラケットを振り回しても球威が出ないのはもはや常識……
いいスイングをするには、インパクトの一瞬だけ力を入れることが求められます。

そのために上半身はムチのようにしならせて腕を使い、
下半身はバネのように躍動させてスイングするわけですが

腹筋も例外ではないということですね。

スイングする瞬間に声を出せば、それだけで
意識せずとも腹筋を超効率的に使うことができる、というわけです!


私は「ウーッ!」が一番力が入りますが
その辺の感覚は人それぞれかもしれません……
「アァ~ン(*´▽`)」とか「ウフ~ン(*´3`)」とか
「アッー!((*´Д`))ビクンビクン」とか
いろいろ試してみるといいと思いますょごめんなさい。


参考になったという方は投票お願いしますw
↓のバナーをクリックすると当ブログのランキングが上がります
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村

そのサーブ、「使えて」ますか?

ども、Toraです

アッー

こんばんわ(*´3`)(やめろ

対下回転のパワードライブですが、なかなか迫力のあるスイングができるようになってきたと思います♪
あとは確実性ですね;
明日はS木さんと練習なので、がっつり感覚を磨いてきます!


で、今回はサーブのお話。
せっかくのパワードライブ、実戦で打つためにどうすればいいかを考えるわけですが
やはり相手にツッツキで返球させる必要があります。

となれば、下回転サーブですよね♪

一応、サーブは一通りの回転が出せるようになったんですが
最近はほぼフォアの下回転かナックルの組み立てに頼り切ってます;

リズムを変えたいときはバックサーブも使いますが、
あまり横回転や上回転は強くかけず、ちょっと横を加えた下回転と上ナックルを基本にしてます。


この通り、かなりシンプルな組み立てなので相手もやりやすいと思います。
サーブはいろんな種類を出せるようになれ!
……なんて、常識ですよね。

しかし私は横回転サーブを使うことができません
横回転サーブは出せるけど、実戦だと使うことができません

だって
横回転とかいって相手のレシーブ
どっち返ってくるか分かんねーんですよね?(泣

レシーブの得意じゃない相手がポロポロ落としたりポンポン浮かしてくれればそりゃ楽チンなんですが、
ある程度「できる」相手だと、払われたり流されたりオモクソ回転かけてストップされたりワケワカンナイコトニナリマス
フツーに当てただけで飛んでもない方向に返ってきたりすることもありますしね……

情けない話ですが、
こっちの回転を利用されてバウンドを曲げられたりしたもんじゃー、それだけでお手上げという有様です。


さて
どうしてなのか?

コース取りや変化の巧みさなど、サーブの質がよければそれだけ相手の返球を制限することもできます
私の横回転サーブがまだまだ甘いということも、要因として少なからずあるかもしれません……

しかし!
しかしだ

もっと根本的な問題が、他にある

さて……
どうしてなのか?


そもそも
横回転サーブからの展開練習してない
からですよ

そりゃできねーわ!∑(´Д`;


3球目攻撃したいけど相手のレシーブがどこに来るかわかんない!
という人や
多彩なサーブを繰り出せるのに、ちょっといいレシーブを返されるだけで取れなくなる

そんな人は少なくないと思います。

当然、横回転サーブから3球目を決めるためには
払われたり流されたりしても対応できるスキルが求められるわけですから
練習でできないのに実戦でできるわけがないですよね(;´▽`)

相手のレシーブ技術によっては、複雑な変化に対応しなくてはいけないので
難易度は高いと言えるでしょう。


そんなわけで
単純にサーブが出せるってだけでは、サーブを覚えたことにはならないんだなーと思う今日この頃です。
3球目攻撃に連携することができて初めて、そのサーブを「使える」と言えるんでしょうね。

かの水谷隼選手は非常に多彩なサーブを使い分けますが
誰もが認める天才の彼ですら、変化の鋭いサーブはやはり3球目攻撃が難しいそうで
苦労して練習を繰り返し習得したそうです。


参考になったという方は投票お願いしますw
↓のバナーをクリックすると当ブログのランキングが上がります
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村

上から下への重心移動で、変わる!

けっこう、ミスド好きなんですよ
最近クマさんの顔したドーナツが増えましたよねー
うーんかわいいなぁ食べるのがもったいないなぁ

で、今日喰らって食べて思い知ったんですけど
食いかけのクマさん見たらダメ(゚д゚|||)


普通のポンデリング派のToraですこんばんわ。

今日はゲーム練習で、できる限り水平スイングの対下回転ドライブを打てるようにチャレンジしてたんですが
だいぶコツを掴んできました♪

といっても、入る確率が以前より下がっているのでただの自滅型です(泣
やはり練習あるのみですね(´;ω;`)


最近は上から下の重心移動を特に意識してスイングしてます。
この意識があると、自然と腰の上下動が少なくなり広いスタンスを保てるので、ドライブの安定感が増すように感じますね。
特にフォアハンドで空振りしなくなったのが嬉しい!w(レベルの低い悩みで申し訳ねぇ;;;;

下半身の使い方としては、以前までは左膝を上げるように意識していましたが
上から下の重心移動を意識すると、左膝を上げると同時右腰を押す動きも加わり、より球威も増したと思います。
右足も、後ろから足の裏が見えるくらい身体の捻りを使えるようになってます。


平岡義博先生のブログで(いつのものかは忘れましたが;)「才能がある選手は上から下への重心移動が上手い」というような記事があったことを思い出してトライしたんですが大成功!

初めてその記事を見た当時の私はまったく意味が理解できず、心に留めておきませんでした;
え、上から下の重心移動ってスマッシュ打つときぐらいじゃないの?
ドライブとかは下から上に振るから重心移動も下から上なんじゃないの? みたいな……。

あれからだいぶ時間が経ったと思いますが、技術が向上することで見えるようになってくる理論もあるということですね。

水平スイングのドライブが安定しないという方や、
空振りに悩んでいる方はぜひ試してみてもらいたいです!


参考になったという方は投票お願いしますw
↓のバナーをクリックすると当ブログのランキングが上がります
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村

ズュース選手の切り替えに注目!

今日はどこもかしこも寒かったようですが、私の地域は最高気温マイナス2℃というありさまでした!
職場の後輩がフォークリフトで作業していたんですが
雪にタイヤを取られて滑ってカーブミラーにぶつかってミラー割れた∑(´Д`;三;´д`)
風と雪で視界も悪かったしなー;

始末書書かされて落ち込んでいる様子だったので、
心優しい先輩として1つ慰めの言葉をかけてあげるのでした。

「大丈夫、大丈夫! 俺なんて1年に1回は書いてるから全然余裕だって!!(*´▽`)b」

「(゚д゚)」


背水の陣のToraですこんばんわ。

今日はドイツカップの試合動画を観ていました!


ズュースvsアポローニャ

積極的にフォアハンドで攻め込んでいくズュース選手は
フォア主戦型の中でも、かなり早い打球点を捉えていく超アグレッシブなスタイルが持ち味ですね。
私の目指すスタイルに近いので勉強になります。

技術的な特徴としては、早い打点でのフォアカウンターを成立させるために
「待ち」がフォアハンドの構えに特化している印象を受けます。

注目すべきはむしろ、そこからのバックハンドへの切り替え!

フォア主戦型の選手は、フォア待ちの体勢からでもとっさに切り替えられるよう
バックハンドの振りはコンパクトにまとめていることが多いです。

ズュース選手も例に漏れず、バックハンドは非常にコンパクトなスイングをしています……が、
フォア待ちの構えからでも、しなやかに前腕をローリングさせるようにして切り替え、
ボールのやや左側面を擦り上げるようにして回転をかけてるのが特徴ですね。

普通、フォアから切り替えて打つようなバック打法というとプッシュ系の打ち方になるもんなんですけどね;
ズュース選手はもう、見るからにしなやかなスイングで回転かけてます(*´д`)
フォア主戦型の選手にはとても参考になるスイングワークなんではないでしょうか。

チームメイトのティモ・ボルと比較すると、
戦術面も技術面も真逆の特性(ボルは両ハンド型でバック待ち多め・やや台から距離を取って打点より回転重視)と言えるのは面白いところですね。


参考になったという方は投票お願いしますw
↓のバナーをクリックすると当ブログのランキングが上がります
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村

前回記事の補足(対下回転のループドライブ)

VICTASの例のページが早く直らないものかと待ち焦がれながら
しっかりスクリーンショットを保存した俺は腹黒いのかもしれないToraですこんばんわ(*´▽`)グヘヘ


明日はついに!
待ちに待った初打ちなので気合い入れていきます!

縦回転系サーブを中心に組み立てて
丁寧にドライブを決めていきたいです。

システム練習でできてないことを求めてもしょうがない
ゲーム練習しかできなくても、できること、できるはずのことを
しっかり確認しながら取り組んでいきたいと思います。


で、明日の方針を決めたところで前回記事の補足をしたいんですが

バックスイングを遅らせる……

あまり他所では言われない理論なので、懐疑的な見方をする向きも少なくないことかと思います∑(´Д`;

打球準備はなるたけ早く!
打球点もなるたけ早く!
……が、一般論ですからね

これは私が考えた理論ではなく(以前の記事でも書いたことがありますが)指導していただいてるM川さんによるものです。

そして今、私ごときが恐れ多くも小中学生を教える機会が稀にあるんですが
同様の理論を用いて説明すると、対下回転のドライブにはかなり改善が見られます。

やはりツッツキをドライブしようとしてネットミスする子が後を絶たないんですが、
よく観察するとやはりバックスイングするタイミングが早すぎる!

ここを指摘して、ボールがバウンドしてからテイクバックすることを教えるだけで
驚くほど簡単に、よく弧線を描いたドライブを入れてくれます。


別に打球点を遅らせるといっても、それがすべてではないですしね
しっかりドライブが入るようになって、感覚が掴めてくれば
よくスピードの乗ったドライブも打てるようになるはず。
そのときには打点も早くなり、スイング方向も水平に近くなっていくと思います。

まぁ、物事には段階があるってことで……
方法論の1つとして参考にしていただけたら幸いです。


参考になったという方は投票お願いしますw
↓のバナーをクリックすると当ブログのランキングが上がります
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村

P.S
何度も言いますが、これは対下回転の方法論であって
対上回転のときは相手がボールをインパクトする瞬間にバックスイングを取っている必要があります。
対下回転のバックドライブも、こちらはフォアと違って懐が狭いので
やはり相手がインパクトする瞬間にテイクバックしてないと満足にスイングできません。
また対下回転バックドライブの「インパクト」のタイミングも種類があるんですが……これはまた次回か次々回あたりにて。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。