スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【メモ】プレイスタイルとこれからの課題

ただのメモです(*´▽`)

もし暇だったら
…………試合動画でも見てた方がいいと思いm(ガッ


●サーブ
バックハンドからの「横上回転」「横回転多めの横下回転」「下回転多めの横下回転」「横上気味のナックル」の4択。
相手のレシーブの選択肢とその精度によって適宜使い分ける比率を考えていく。

センターから相手のフォアサイドを中心に突き、回りこみの足を止めた上でバックサイドへのロングサーブでプレッシャーをかける。
バックサイドへのロングと見せかけてミドルへ曲がるショートサーブで崩していく。

アクセントとしてバックサイドへアドレスを変えることも考える。

課題としてそれぞれの変化の絶対的な回転量、コースの正確性、モーションの隠蔽性など全般的な強化が求められる。
まだ段階でないが、最終的には第1バウンドをすべてエンドライン近くに持っていくことが目標となる。

●3球目攻撃
今までの相手のレシーブ傾向として、ツッツキを切ることで回転の変化をある程度無効化しつつバックサイドに落としてくるパターンが多く見られるため
これに対していかに攻撃的な打球をできるかが鍵となる。
ハーフロングに対してのバックハンドドライブはある程度できているが、まだ安定性に欠けるためこれの精度を高めることが必要。

レベルの高い相手になるとフリックレシーブや、フォアサイドを切る、回転を残してバウンドに変化をつけてくるなど3球目を決めることがかなり難しくなるため
これからの経験でレシーブ手段からの打球の変化など関連性への理解を深めつつ、
それらに対して効率的に返球できるようにする、あるいはサーブの比率を変えるといった落としどころを考える必要がある。

●レシーブ
バックハンドを中心に据えたいところだが、ナックルロングサーブ、右横回転サーブに対しての処理の拙さが目立つ。
おそらくバックハンドがボールの右横を捉えるようなスイングに傾倒しすぎていたことが大きな要因として考えられる。
ボールの左横を捉えつつ攻撃的に処理する技術の習得は急務と言える。

フォアハンドの課題としては左横回転サーブ(特にアップスピン)に対しての処理の拙さが挙げられる。
バックハンドで回りこむことである程度対処できるが、フォアでも手首を柔軟に使い、逆横回転をかけて相手のバックサイドを突くような選択肢が欲しい。

●ラリー
戦術として前陣でのカウンター攻撃、球質として直線的な打球を主軸に据えることは、練習環境とセンスの問題から大成することが難しいだろうというのが現状の結論である。

今後は両ハンドドライブの回転量の強化が鍵になるだろう。
幸い体力面は比較的恵まれているため、打点を落としてでも強烈な回転をかけ、反応速度を補いつつ安定性と攻撃力を両立させることが目標となる。

具体的なラリー戦においてのロジックとしては、まず、バック待ちを基本とする。
バック待ちを基本にすることでバックハンドの懐の狭さを補い、バックハンドドライブを主軸に据えることが可能になる。

欠点としてフォアハンドでの対応が遅れてしまうため、ここはあえて打球点を落とし、回転を重視する。
フォアの懐の広さを活かしつつ球質の変化によるミスが狙えるということもあり合理的と言えるが、
切り替え練習によく取り組み対応の早さを磨くことが肝要である。

コース取りはセオリー通りクロスを中心とし、できる限りコーナー深くやサイドラインを狙えるよう普段の練習に取り組まなくてはならない。
その上でミドルを混ぜていき、ローリスク且つハイリターンなラリー戦を展開できることが目標となる。

スタンスについて、並行足を基本とするか、左足前を基本とするかは検討中。

課題として、そもそも戦術として軸になるはずの対上回転のバックドライブの不安定さが挙げられる。
徐々にコツを掴みつつあるため、ラリー練習で十分習得は可能だろう。
対下回転バックドライブからの対上回転バックドライブ、フォアとの切り替え、フットワークとの連動など
実戦的な動作の正確性を高めていかなくてはならない。


最後まで読んだ人がいるのか疑問ですがよければ投票お願いします(;´∀`)
↓のバナーをクリックすると当ブログのランキングが上がります
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Secre

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。