スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

できると思ったら、できる!爺さんでも、できる!

私は「どうせ○○だから……」と、やる前から諦める姿勢が大嫌いです。

できると思えばできる可能性があります。
できないと思えば、言うまでもなくできないまま。
自らのなんの可能性も信じないなら、当然なにも始まることはなく、生きる意味も見出せないまましかし死ぬ理由もないからグズグズと余生を過ごしその他大勢となんら変わらない平凡な一生を終えるのです(言いすぎ


ちなみに私の場合、できると思ったらできる! できるようになる! 俺ならできる! というまったく根拠のない自信があります。
卓球だって、できるようになるつもりでいます。

学生の頃の経験まったくゼロ。
社会人からのスタート。
本格的な練習環境もない。
ついでに、大してセンスがあるわけでもない。

それでも私は、大会の1部とかAクラスとかそんな猛者どもを相手にビシバシ打ち合えるようになりたいと日々研鑽を積んでいるのです。


そんなことを信条に生きてきたわけですが、最近動物占いをやったら「根拠もないのに自信たっぷり」とかいう分析が出てびっくりこいたぜこんちくしょう。
ていうかなにあの占い当たりすぎなんだけど怖い((´∀`))


まぁ占いは置いといて。

で、そんな私が尊敬するのが、毎週土曜お世話になっているNクラブ所属のSさん。

この御仁、中学まで卓球をやっていたそうですが、60歳になってまた再開したという……!

で、今、70歳。

どう見てもお爺さんです。本当にありがとうございました。

おっと話はここから!
おそろしいのが、その卓球スタイルなんです;;;;

普通、年配の選手といったら老獪な技術でヒョイヒョイとかわして相手のミスを誘うような戦術を取るものですが
この爺さん、右の裏裏シェークで常に先手を取り、両ハンドでラリーを展開するという超正統派!!

ジジイ特有の駆け引きの上手さも持ち合わせており、鋭い読みで相手の返球コースを読み、
台上でも甘い球がきたらパチン!
切れたツッツキでもお構いなし、台から出てきたらフォアでもバックでもしっかり強打してきやがるのでまったく気の休まる状況がありません;;;;

強烈な回転がかかっているというわけではなく、当てれば返るような素直な球質なんですがとにかくミスがなく、コースもしっかりコーナーを突いてきやがる……
フォアでもバックでも巧みにラケット角度を合わせ確実にスピードボールをコートに運ぶ様は「達人」の2文字を彷彿とさせます(゚Д゚)


まぁ、別にそんなのはどうでもいいんですけどね(ぉ
爺さんが両ハンド振ったって、まぁ、そんな人もいるでしょう。

私が尊敬するのは、その向上心です。

私がNクラブに入った当初、Sさんのバックハンド攻撃の成功率はお世辞にもそれほど高いものとは言えませんでした。
それが数ヶ月経った今、こうして自在に振れるようになっている……

Sさんは「いくらでも自分から打てなければダメだ」と言います。

70歳のこのお爺さんは、常に「上で勝つ」ための意識を持って練習に取り組んでいたのです。
妥協とか、落としどころとか、線引きとか、そんなことは考えず
先手を取ることが肝要だと理解したなら、台から出たサーブやツッツキは確実に打てるように練習し、
バックハンドでも打てなければならないと思えばバックハンドも振れるように努力し、
甘い球なら台上でも見逃すまいと、
高い意識を持って日々の練習に取り組んでいたのでしょう。


目標を持つことに、時間なんて関係ないんだと
そんな勇気を持たせてくれるお爺さんです。


Sさんの熱い生き様を感じた方は投票お願いしますw
↓のバナーをクリックすると当ブログのランキングが上がります
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

カッチョエエ爺様ですね。
45年のブランク明けで再開した卓球は、さぞかし楽しかったのでしょう。
ただひたすらに楽しんでいる様子が思い浮かびます。
楽しくて夢中になっていたら上手くなっていた・・・・あやかりたいものですね。

そういえばバランスボードが調子いいかもです。
攻守に安定感が出てきたようです。
気のせいかもしれませんが、続けてみます。

60代の部で準優勝したそうです。
元気すぎますぜ……

バランスボードいけてますかね?
正直言ってバランス感覚悪いので、買おうかどうか悩んでますww
Secre

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。