スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指導というものについて、思う

いつもお世話になっている体育館がイベントで4日までお休みなので、
明日は久しぶりにKクラブ(本拠地)が毎週火曜に行っている学童強化練習に行ってみようと思います。

これはN小学校の生徒を中心に、Kクラブの数人がコーチについて指導するという特別練習!
練習の成果か、N小学校の卓球部は市内でもなかなかがんばってる方らしいです!(適当www

最初の頃は「とりあえずボールに触れればいいや」くらいの気持ちで私も参加していたのですが、
当然の如く他人に指導する甲斐性なんてあるはずもない私は、他のコーチの指示でラリー練習や試合に付き合うだけ;;;;

会社の同期と練習するようになってからはまったく行かなくなってました( ^ω^)


しかしながら明日は、地元では「神」とも呼ばれるカリスマ50代卓球プレイヤー、M山さんがお見えになるということで……
まぁ先日の飲みの席で決まったことなんですが、そのM山さん自身に「お前も来るよな?^^」と私ごときが恐れ多くもありがたくお誘いいただきましては行かないわけには行かねぇという有り様です。ハイ。

これは私も生徒側としてM山さんにご指導いただけるということでいいんですよね? ね?


私も卓球についてはスーパーグレートスペシャルウルトラミラクルメガトンモロQゼット級(意味不明)に勉強してる自信がありますが、
これはすべて自分のためであり、
当然他人に教えるというような観点なんてまるきり持ってないわけで、
要は自分の感性が基準であり、私の得た結論が万人に適用できるかというと決してそういうわけではありえなくて、

まぁそんな私が日々勉強したり実践した中で感じたりした記録を「ヒント」としてばら撒く中で
見てくださった人のなにか参考になる部分があればいいなとかいうその程度の、ある意味では無責任な方向性で成り立っているこのブログなんですが、

つまりそのあのえーと何が言いたいかっていうと、

実際 人に教えるのって難しいよなぁと。


技術、戦術、戦略、練習方法など
理屈だけならいくらでも述べることはできますが、
技術面……特にスイングフォームに関しては難しいですね。ホント。

当初、設定悪の塊(特にフォアハンドwww)だった私が今こうして無難に実践できてるのにはそれはもう、いろんな理論を取り入れて研鑽を積んだ成果に他ならないんですが

スイングの指導を受けてる人がどうにもギクシャクしててコーチが悩んでいるのを見たり、
なぜか私が人に教えたりする場面もあったりして、やはりどうにも上手くいかなかったりすると

(なんでそこでそうなるんだよwww普通、こうやれば自然とこうなるだろ!)

とか思ってしまう部分もあるわけで。


普通

とか、

自然

とか
そういった部分が論理的に解釈できないと話になんないんですよね。

コーチングの上手い人は、本当に尊敬します。


よければ投票お願いしますw
↓のバナーをクリックすると当ブログのランキングが上がります
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

指導がうまく出来ない、というのは、問題点が指摘出来ないのか、指摘は出来るんだけど相手に伝わらない(と感じる)のか、どっちかな?
まあ、指導を受ける側も一度の指導ですぐに出来るようになる訳じゃないから、根気よく同じ事を言い続ける事も大切だと思うよ。
あとは、上手い人と比べて、なにが違うのかよく見る事と、自分が受けてきた指導の内容を今一度よ~く思いだしてみる事。

大抵の人は、他の人のスイングを参考にイメージができてるのでポイントを教えれば理解してくれることがほとんどなんですが……
自身のフォームを認識する能力に乏しかったり、そもそもイメージ自体ができてなかったりしてスイングフォームがまるきりおかしなことになっているケースなどは逃げ出したくなります(駄

やはり私自身が人に指導をする機会なんて滅多にないのでかなり稀なケースですが(;´∀`)
根気強く教えることが必要なんでしょうね。

そもそも、私が指導側に立つとか100年早い気がします(*´▽`)

お久しぶりです。試験期間でネットを封印していました。
で、来てみたら記事がかなり更新されててびっくりです

指導ですが自分でどれだけ研究したかじゃないかと思います。実際自分は水谷あたりと同年代ですが中学時代(オールフォアが基本)はテレビをスロー再生してそれでバックドライブを研究しましたしそれで地元じゃ一番バック系技術を教えるのがうまいという自信もあります。今の高校県2位に教えたのも自分です。
結局のところ努力、研究、目的意識の3つが指導する側、される側両方になければアドバイスも意味がありませんしそれが弱い人、上手くならない人に足りないものだと思います。実際地元では2ヶ月くらいでフォア打ちくらいなら何とかなりますが中学生の大会を見ると2,3年生なのにフォア打ちも怪しいのを見ますしね。
私自身もアドバイスだったら中学生やもしToraさんと練習するなら聞きますしどんなことでもヒントになると思ってますしね。そこの意識の違いですかね。結局指導される側に問題があるんじゃないかと思います。

>>ROM専さん
いきなし更新がんばってました(;´▽`)

私もまずは知識ありき、研究ありきですね。
社会人から始めたわけで、ハンデをいち早く埋めるための努力は欠かせません!

最近の卓球を知らない指導者を見ると正直がっくり来ますが、
仰るとおり指導者、選手共に同じ目線、高い意識を持つことが第一でしょうね。

意識の低い指導者を持った選手はかわいそうです;;;;

>指導される側に問題がある
これは本当に大きな問題だと思います。
実際、私よりもずっと上手い人に指導されているにもかかわらず、フォームを修正する様子が見られず、遂にはサジを投げられた人が私の仲間内にいますw
脇が開きすぎる事と、肘を変に使いすぎるものだから、やたら遠回りなスイングになってしまって、チャンスにスマッシュを打ってもオーバーしまくり。
で、入らんな~とか言って首を傾げてるw
こんなもの、本気で直す気があれば、人の意見くらい素直に聞くし、自分で研究もする。
ちなみに、その上手い人がわざわざビデオを撮ってくれたにもかかわらず、変なスイングの人は受け取りを拒否したそうですw

>>リョースケさん
その人は卓球の技術云々言う以前に人間性に問題がありますね。
腕のいいコーチがサジを投げたとのことですが、それは正解でしょう。
そういった類の人種は正直、相手にするだけ時間の無駄です。
Secre

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。