スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめての対粒高

今日はラージを主戦場にしているという人に相手してもらいましたー

硬式プレーヤーがラージマン(造語)と対峙してとき、第一に気をつけること……
それは!
ラージマンの使うラバーは表ソフトだということだ!!(どーん

表ソフト独特のナックルボールにさえ気をつければどうということはない
ふっふっふ、戦う前から勝負は決しているとはよく言ったものだ
ふっふっふ笑いが止まらん
硬式の超速スピンボールの厳しさを思い知るがいいガハハ!

小手調べだまずは俺様直々に球出ししてやろう

そうれ
ポーン!










カポーン(相手が返球する音










ホワッツ!?( Д )  ゚  ゚










な、なんだこの打球音は
そしてこのボールは一体なんだ!
上回転でないのは分かる
ナックル、そうこのボールはきっとナックルに違いない

しかし問題なのは、こちらのコートに辿りつくまでにそういった思考をグルグル続けられるほどの球速の遅さ!

ブンッ(空振りする音

カーン、カーン、コロコロコロ……(落ちたボールが虚しく後ろに転がっていく様


ちょ、ちょっとタイミングが狂っちゃったみたいだ
なんかボールがブレて見えたし……

しょうがないなハハハ、「すいませーん^^;」気を取り直して

ポーン!










カポーン










さぁ来たぞ
しかし二度同じ轍は踏まん

そっちがその気なら……
ここで俺は空気を読まずにドライブをかけることに決めた!

シッ!

シュパーン

いい回転のかかり具合……しかし










カポーン










簡単に返してくるじゃないか
ならば何度でも打ち続けるまで!!

ワッショーイ!

シュパーン










ポトッ(虚しくネットに引っかかる音










バカなぁぁぁぁーーーっ!?










ミススイングはなかったはずだ
相手の返球はナックルボール!
いくらナックルでもこの角度でネットにかけるなんてありえねぇぇぇーーー


「すいません、あの、どんなラバー貼ってらっしゃるんですか?」

「ああ、粒高なんですけどね」

「ああカールP1ですか、いいラバーみたいですね」

「始めたときから1枚ラバーしか使ってないんですよ^^」










どぅーん!
騙された!!(泣











俺のドライブの回転をそのまま利用されていたとはっ……!

その人は怪我をしているということで、ラリー練習しただけで終わったんですが
試合をしていたらどうなっていたことやら……;;;;

ドライブするとかなり下切れで短く返ってきたり、
下回転で繋いでもプッシュしてきたり、
そもそも逆回転で返るっても回転量が分かりにくいことこの上ない

しかし自ら回転をかけるのが難しいというのは見るからに理解できました。
これはつまり、ボールを失速させるか、あるいは相手の下回転のボールを反転して返し上回転を作り出すか、どちらかでないと弾道に弧線を与える手段がないということに他ならない!

とりあえずコート深くにあまり回転のかかっていないボールを打ち込めば攻撃的なボールは返ってくることはなく、変化もつかない

なるほど、粒高の対策として深いナックルボールか
定石といえば定石ですが、「言葉」でなく「心」で理解できたぜプロシュート兄貴ィッ!(誰


ちなみに、ナックルボールを放ってくる表ペンの方とよく試合するんですが1ゲームも取れた試しがございません。

Toraを粒高でげちょんげちょんにしたくなったという方は投票お願いしますヽ(´ρ`)ノ
↓のバナーをクリックすると当ブログのランキングが上がります
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

粒OXに苦手意識を持たずにナックルにはドライブかけまくろうね。
強烈なドライブを反転した下回転は強烈ですが、ごっついドライブをカットショートするのも至難の技。

ナックルは有効ですが、返ってきたナックルと上回転は打ちまくろう。
消極的になると翻弄されますよ。。。

しかし・・・楽しそうですねえ。








その通りです。
こっちが消極的になると自分からペースを乱すだけです。
同じ感覚を保ちながら、このときはこうすれば返せるということを理解していくことが大切です。
まぁ相手もそれをさせないように変化つけるんですけどね。要は慣れでしょうな

>>まーさん
>ごっついドライブをカットショートするのも至難の技。
たしかにたしかに。
やはり自らの力を以って相手の回転をねじ伏せるくらいの気概がないとダメそうですなφ(..)

一番の問題は、積極的に打っていってリスクリターン合うだけの技量の有無なんですが(ぁ

>>えんどうさん
>同じ感覚を保ちながら、このときはこうすれば返せるということを理解していくことが大切です。
けっきょくは打って覚えるしかありませんし、やはり粒高の人とたくさん練習する必要がありそうですね
しkし、相手がいない;;;;
少数派の強みを思い知りました。・゚・(ノД`)・゚・。
Secre

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。