スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卓球サーブテクニック



消される前にダウンロードするんだ!(゚Д゚)
はやーく!www


回転の変化は選手の皆さんの独創性にお任せするとして、どんな戦型であれ必要だと思ってるのが
フォアストレートへのスピードロングサービス
と、
下回転のよく切れたハーフロングサービス
なんですがどうでしょ。
特に序盤で「俺にはこれがあるんだZO!」と見せておきたい。

フォアストレートは回り込みで調子こかれようにですね。
フォアハンドのドライブレシーブや「流し」は厄介ですからね;
このサービスを相手が怖がってくれれば、特にフォア主戦型の選手は大きくリズムを崩すことになります。

ブチ切れ下回転のハーフロングは、このサービス自体がリスクリターンという点において非常に優秀で、どんな相手にも効果を発揮するサービスだと思います。ダブルスではむしろ必須まである。
レシーブ攻撃はもちろん、ストップもしにくい!(*゚∀゚)=3
布石としても優秀で、「これだけ回転がかけられるんだZO!」というのを見せれば相手はネットミスが怖くなるので、ちょっとした回転の変化が効くようになります。


フォアストレートへのロングサービスのあるある
・オーバーミスが怖くてついつい相手のフォア前に飛ばしてしまいクソ強烈なレシーブ攻撃をもらう
・ていうか、オーバーミスする
・ついでにネットにもひっかかる
・ネットインしたけどフォアストレートへの選択肢の存在がそこでバレてむなしい
・トスが手前に寄りすぎてキレイに台の横を飛んでった
・そのボールを拾いにいく相手選手の背中を見ながら自分の哀れさを噛みしめる
・上手くいった(゚∀゚)→普通に飛びつき強打された


あるあるー or 練習しろ! な方は投票お願いします(つДと)
↓のバナーをクリックすると当ブログのランキングが上がります
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

某元選手いわく、サービスの重要度は
長短>コース>回転量>スピード
とおっしゃっており、何回転かはどうあれ長短とコース取りには一番神経を使うそうです。

私もスピードロングを早いうちに1球見せますね。
早くて長いのがあると判るだけで、精神的にも相手は負担が増えますしね。
実際、私の場合は横下+横がメインで
時々、上回転と表ラバーでのスピードナックルって感じですけど、
私が行ってる集まりはサーブの練習時間がないに等しいので
肝心の長短がまったく上達しません><

こりゃ、すごい!
卓球してる人には垂涎の動画ですね。
SNSでも紹介しては?

どんな動画なのか携帯だとわからないのが残念。
とりあえず練習しろクリックしました。

ロングサービスは使うタイミングにも気を遣います。
いきなり初球で使ったり、温存しまくって最後の最後で使ったり。
ロングサービスで肝心なのは、相手の虚をつく事だと考えてます。

>>Omantaさん
ズバリ松下さんですね!w
世界レベルのドライブレシーブなんて絶対喰らいたくないでしょうしね;
かといってストップされてもおいしくない。
凡ミスの期待できない世界レベルで得点レースの効率性を突き詰めれば、確実なハーフロングの精度を維持するためにサービスの種類も必然、限られてくるんでしょうね。

俺クラスいろいろ出された方が嫌っすけど;;;;;;


>>ジジさん
いい動画ですよねー(*´▽`)
よし、SNSでも紹介しとこうw


>>リョースケさん
>とりあえず練習しろクリックしました
手厳しいwww

私の場合ロングサービスはついつい甘えて多用してしまうところがありますね;
相手にもよりますが、あんましリスクリターンの合う使い方ではないのでもっと慎重にいかなければと思います。

これめっちゃ役に立ちますね!でもこんなサーブできないよなあ...できたらいいなー。でも、工夫したらうまくなれそう。がんばってみようと思いました。

>>アヤヤさん
こんなん全然できません(^q^)
いつかはこんなテクいサーブができるようにと精進してますw
イメージがあるのとないのとじゃだいぶ違ってくると思うので、参考になる動画ですよね。
Secre

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。