スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンコースラリー練習まとめ

明けてましてた(`・ω・´)キリッ
あ、タイトルも変えなきゃですねコレ。
今年はトライアル卓球2010をよろしくお願いします!

年も変わって心機一転!
ということで、俺用にラリー練習の種類とそのポイントをまとめてみたいと思います。
いや正直、矯正のためとはいえ前陣に張り付きっぱなしで、フツーのロングとブロックしかやってこなかったなぁと……;
一応速攻型ではありますが、もっとポジションと打点を変えていろいろやって、総合的なボールタッチを高めていきたいと思います。


●フォア対フォアのワンコース
※左側がTora。

・フォアロング対フォアロング
横着しないで身体の使い方をしっかり確認。
ただし自身と用具のコンディションチェック程度に。

・フォアドライブ対フォアブロック
1歩下がってドライブをブロックしてもらう。
攻勢に出たときの連続ドライブの練習。

・フォアドライブ対フォアドライブ
お互い下がってドライブを打ち合う。
対ドライブの引き合いの練習。

・フォアブロック対フォアドライブ or スマッシュ
ブロック練習。
前陣でバウンド直後を捉える。

・フォアロビング(フィッシュ)対スマッシュ
大きく下がって「しのぎ」の練習。


●バック対バックのワンコース

・ハーフボレー対フォアロング
相手にフォアで打ってもらう場合、ここからブロック対ドライブ or スマッシュに派生する。
先にこちらからドライブを打っていくのも可。

・ハーフボレー対ハーフボレー(ショート)
バック対バックのラリー練習。
早い打球点の打ち合いに対応。

・バックドライブ対ブロック
・バックドライブ対ドライブ
・バックブロック対ドライブ or スマッシュ
・バックロビング対スマッシュ
相手はフォアでもバックでも可。


●ツッツキ対ツッツキのワンコース

・省略(=゚ω゚)
しっかり切りつつ、相手コート深くに入るように。

・テキトーなとこでツッツキ打ち
ツッツキ打ちの練習。
その後はドライブ連打で、相手はブロックでも引き合いでも。


相手と空気を読み合って、ドライブ対ドライブから下がってロビングとか、前に出てブロックとか、
ラリーの中でいろいろ切り替えてみる。
遊び心を持ってやるといいかも。

ツッツキがかなり地味なことになってますが、今の自分に一番必要な練習がこれ。
安全性重視の打法とはいえ「入れるだけ」になってることが多く、ツッツキに限らずストップもバウンド直後を捉えて「止めるだけ」フリックもアップスピン系のサーブに対して「弾くだけ」でコースまで意識が回ってないのが現状((´・ω・`))
ストップするなら止めなきゃいけないけど、ツッツキすると決めたらできるだけ相手コート深くを狙えるようにするというメリハリ、そして相手の逆を突くようなプレーを意識していこうと思います。

あとはストレートに打てるようにするのと、切り替え練習、3球目攻撃(特に両ハンドでのツッツキ打ち)の練習、レシーブ練習……

先生! 練習時間が足りません!!(泣

まぁ、気楽に、なんとなくでやっていこうと思います(笑
スイングの初期設定だけはあらかたケリがついた感があるので、実際のスイングのポイントなんかを後からまとめていく予定。


記事が参考になったという方は投票お願いします(゚∀゚)
↓のバナーをクリックすると当ブログのランキングが上がります
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

意識の高さ

素晴らしいです!
ウチの学生にもに習わせたい・・・

ありがとうございます!
しかし学生さんは面倒見てくれる人たちがいますからねー。
社会人になって、自分で考えてやらなければいけないのは仕事でも卓球でも同じですね。

ただ、学生さんももっと自主性を持ってほしいとは思いますね。
小学生の強化練習に参加させてもらったりすることもあるんですが、「最近の若者は……!」と思ってしまうこともあります;
Secre

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。