スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

切れた下回転サービス習得のコツ(2)

STEP.1
回転ボール突きができるようになろう!


ボール突きやりますよね。
これを発展させ、下回転サービスの要領で時計回りに回転するようにボール突きできるようになりましょう。
最低限、これができないようではサーブのときに切れる道理がありません。

もちろんサービスのときのグリップじゃないと意味ありません。
グリップを持ち替えないという人も、まぁそれでもぶち切ることはできるんですが、手首を痛めやすいのであまりオススメしませんね……(´・ω・`)

ラケットの先端の方が遠心力がついて切れるので、ブレードの左先端部に当てて転がすことを意識しましょう。
きちんと垂直方向に飛ばして、何度も何度もできるようになるのが最初のステップです。

難しいという人は、最初は回転をつけず普通にボール突きしながら、徐々に回転をかけていくようにすると感覚を掴みやすいと思います。
慣れてきたら、1回目から強い回転をかけるようにボール突きできるようになるのが目標です。


STEP.2
とりあえず自コートに落としてみよう!


サービスを出すときのように台について、ボール突きの要領でボールを切り、「ちょっとだけ」前に飛ばして山なりの軌道で自コートに落としてみましょう。相手コートに入れる必要はありません。
そのため、ラケット操作は(台に対し)平行に動かすというより、ボールをすくう、しゃくるような動きになります。

ボールは数バウンドしたあと、自分のところに戻ってきてくれるはずです。
このとき、打った方向に対して真っ直ぐ戻っているかチェックしましょう。
V字を描いて曲がって戻ってしまう場合は、横回転が混じってしまっています。
せっかく強い回転をかけても、斜め回転になっているとそれだけ相手のラケット角度に対する影響力が弱くなってしまうので「真っ直ぐ戻っているかどうか」のチェックはかなり重要です。

下回転サーブのとき横回転が混じってしまうという人は少なくないようですが、STEP.1の回転ボール突きがしっかりできていれば改善しやすいと思います。

どうしても斜めに戻ってしまう場合は、ラケットがきちんと台と平行になっているかチェックします。
ラケットの上にボールを乗せてみたり(傾いているとボールが落ちる)、いったんラケットを台においてそのままの角度を維持して手に持ってみたりすると分かりやすいと思います。


STEP.2ができるようになるともうすぐですね。
次回、いよいよ相手コートに入れる実戦的サービスの形を作ります。

投票お願いします!
↓のバナーをクリックすると当ブログのランキングが上がります
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

久しぶりです。前回コメント書いた後もしっかり見ていましたよ。[切れた下回転サーブのコツ]めちゃくちゃ興味ありです。僕は弾道こそ低いけど回転はあまりかからず悩んで居たところです。続きが気になります。

いきなり実戦の形でサーブ練習するよりも、その土台を作るための基礎練習が大切だと感じ記事にしてみました。
少しでも参考になれば幸いです^^
Secre

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。