スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【作戦会議】それは大会前にまでさかのぼる

現状のスキル
練習時間がアレすぎて下回転サービスからの3球目ドライブの習得が間に合わなかったBaka-Tora。
せっかく覚えたフォアドライブも実戦になるといかんせん打球準備が遅く、特に対下回転の不安定さは絶望的。

サービスは下回転とナックルの変化を主に鍛えてきましたが、


下回転サーブ発射

相手フォア前にツッツキ

スーパートラちゃんドライブ

事故って終了


下回転サーブ発射

相手バック前にツッツキ

こちらもツッツキ(バックでツッツキ打ちなんてできるわけないだろぉぉ

相手ドライブ or スマッシュ

終了


下回転サーブ発射

相手バック前にツッツキ?

回り込みフォアドライb
あ、バック前にくるかと思ったら実はフォア前だったという有様

必死に手を伸ばしても終了




そう




下回転サービスを出すと自分が死ぬ




本来有利なサービス側においてすら、自ら不利状況を作り出しているのだから笑い草である。


今回の作戦

「だったら下回転サービスを使わなければいいじゃない」 ――――マリー・アンToraネット

対下回転が安定しない。
台上技術が拙い。

だったら――
上回転のボールを打ってもらえばいい。
ストップされないサーブを打てばいい。




鍵は、スピードロングサービスにあり。




基本的にロングサービスが多用されるということはまず、ない。
ショートサービスに比べエースをとれる可能性は高いが、一たび相手に警戒されてしまえばカウンターであっという間に逆襲を喰らってしまう。
奇襲性をともなってこそ生きる球種なのだ。

しかしホントに多用することはできないのだろうか?
クロスでも、
ストレートでも、
ミドルでも、
これだけ広範囲に正確に打ち分けても、確実に超攻撃的カウンターで強制終了を余儀なくされてしまうのだろうか?


考えてみろ
俺の出場するクラスは、Bクラス(今大会ではA~Cまである模様


クロスにきたらバックハンドで強打ができ
ストレートを突かれても飛びつき強打ができ
ミドル処理も余裕
フォア主戦なら、クロスだったら回り込み強打を意識しつつストレートを突かれても飛びつきで対応できるフットワークがある

そんな人たち相手にロングサービスを主軸に据えることなんてできるわけがない






そんな奴らはAクラス行ってる
常識的に考えて。




大抵どこかしらに穴があるはずであり、本来あまり多用されることのない球種であればこそ、もしかしたらロングサービス自体を苦手としている可能性も期待できる。
このクラスではレシーブ強打自体できない人も意外に少なくないもの。




よろしい、ならばロングサービスだ




こっちはフォア、バックともに強打(ただし角度打ち)することができるし、切り替えも得意
フットワークだって悪くないはず
中途半端な球が返ってくれればすかさずスマッシュで決める!
ある程度攻撃的な球がきても、対上回転なら両ハンドで対応できる可能性が高い
あわよくばカウンター、逆にブロックを余儀なくされ後手に回ることになったとしても台上や対下回転からの展開になるよりマシ


ロジックまとめ
【サービス】
ロングサービスが軸。
これをクロス・ミドル・ストレートに打ち分け相手のコース別の対応力を探り、それによって配球を組み立てる
得点が欲しい場面では下回転サービスとハーフロングの上回転サービス、極端に短いサービスで奇襲。下回転はブチ切ってエース狙い。
余裕がある場面ではフォア前へのバックハンドの横下回転サービスを見せておく。その後得点の欲しい場面で横下と見せかけた横上回転(なぜか皆ひっかかる)で浮き球を狙う。
バックハンドサービスからフォア前のコースを意識させたら強烈に曲がる横回転サービスをバック前(曲がってミドルに落ちる)に打ち込んで奇襲
ロングサービスが効かない場合はバックハンドサービスを中心に。戻りの早さで3球目の弱さもある程度補える。

【3球目以降】
両ハンド待ちで、ハーフボレーとブロックの精度が高いバックハンドを中心に据える。
フォアドライブは封印。現状角度打ちの方が安定しているので前陣での切り替えと打球点の早さを重視してがんばる。

【レシーブ】
上下の回転量を特に警戒して見るように。ナックルや上回転と判断したら臆せずフリックする。
横回転系に対しては右利きのフォアサービスなら横回転はまず右横回転なのでボールの右側、バックなら左横回転なのでボールの左側を捉えることを意識。流す技術なんてないw
コースは余裕があったら狙う。今はとにかく、浮かさずに返球することに集中。




というわけで大会前はかなりロングサービスを練習しました。
元々クロスとミドルへのスピードロングサービスは得意だったのですが、ストレートがまったく安定してなかったのでストレートを中心に。
あとはモーションでコースを見破られるようになると絶望的なことになるので、ストレートはクリスチャン・ズース選手のアレを参考にしたり、逆にクロスはいかにもストレートに打ちそうに身体を正面に向けてから逆モーションでクロスに打てるようにしたりなどモーションの開発も。

今まで中心に練習してきたショートサービスはむしろエース狙いというかなり珍妙な配球になります。

この作戦が意外にも功を奏することに……!!


長くなってしまったので試合内容はまた後日^^;
明日ナイター3日目なので2試合目の結果も出ますしね。

ちなみにチームとしては5試合目になります。ぶっちゃけ1番目、2番目の2人が勝ったんでチームとしての勝利は確定してるんですがどうせならストレートで下したい!!
力の差はありますが、仕事でやらかしたとか飯がまずかったとか奥さんと喧嘩したとかの理由で精神的に動きが鈍って負けてくれたりしませんかね精一杯がんばります!!!!



投票お願いします!
↓のバナーをクリックすると当ブログのランキングが上がって嬉しいらしいぞ
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

いいね~楽しそうだ。
卓球における戦術の重要度はデカイ。実力差が小さければソイツで勝負は決まる。

サーブね。オススメはナックルロングをミドルへ。返球が短く棒球になりやすいからスマッシュ決めやすい。
同じモーションから短いサーブを混ぜるとロングが活きるのはトラチャンは熟知していると思うけど…。
ナックルの短いのもいいよ。もちろんブチ切れ下回転とセットで活きるものだがWWW
ドライブ打っちゃいなよ。ツッツキの下回転の芯を外して少しカーブかけちゃいなよ。簡単に持ち上がるから…悪魔は囁くww

とにかく楽しそうでなによりだ。前回のガシエキあと2本あるって~面白かったよ!(普通ないだろ)

試合結果を楽しみにしております。がんばれ!!

卓球SNSの誘いありがとう。近々、なんか送ります。

自分はサーブはなるべく少しでも横を加えてレシーブの来る方を操作するようにしてますね~。

例えばトラちゃんなら横下(トラちゃんから見て左回転)回転をフォア前に短く出せるようになると6~7割くらいはフォアに返ってくる様になるよ~。

試合結果楽しみにしてますね~

No title

いやーすごいよくわかる
最初はマジでロングサーブに頼りきりだった
ドライブさせてブロックとか

ショートサーブで浮かしたりしても決められないもんね
最初はシンプルなサーブの素晴らしさがまったくわからなかった

そしてある程度勝てるようになってきて、シード選手に全部回りこみドライブをぶち込まれて気付く・・・!

No title

>>まーさん
ミドルいいっすね! 相手の身体の近いところに打つのは勇気がいりますが、確かに棒球返ってきやすいww
でも他の選手でミドルにロングサーブ打つところ見たことない。上級レベルだと通用しないんだろうか・・

芯を外しながら持ち上げるってのは考えてなかったですね∑(´Д`;
今度試してみます。


>>まるさん
やはり横回転系を使う人は相手のレシーブ方向の操作も念頭に置いてるわけですね・・テクいなぁ
試合結果はっ……!(泣


>>名無しさん
ねー!
ツッツキ返されても長短の判断とか対下回転のスイングとかダルいんですよねー!

……んでAクラスの試合見たんですが、あんなやつらに絶対ロングサーブ打っちゃいけねーって思いました(´;ω;`)
Secre

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。