スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

切れた下回転サービス習得のコツ(1)

最近やっと「卓球」ができるようになってきたなぁ、と思ってるんですが……
これまで参加した大会を振り返ってみると、何度か勝利しているのがとても不思議に思います(ぉ

ツッツキ打ちどころかフォアハンドすらろくに振れず、レシーブも全然さっぱり取れなかった私がそれでも得点できていたのは何故かと考えると、それはやはりサービスだったのだろうと思います。

といっても、特別なことは何もしませんでした。
教科書通りの下回転とナックルのコンビネーション。

ただ、下回転はかなり切れていたと思います。
相手は下回転と分かっていてもツッツキをネットに落としてしまう。
練習ではツッツキのラリー練習ですらネットにかけさせてしまう……(サーセンwww

この強烈にネットミスを誘発させる下回転サーブで相手にプレッシャーをかけ、少しだけ切った下回転、ナックル、上回転で4択を迫り、さらにロングサービスも織り交ぜ、終始ネットミスと浮き球を誘発させ続けるというのが勝てるときのパターンでした。

私は特別器用な人間でないので、これができるようになるまでは本当に試行錯誤の毎日でした。
結果として切れた下回転サービスを習得することができたわけですが、その過程を振り返ってみて、いかにすれば切れた下回転サービスを効率よく習得できるかを次回から考えてみようと思います。

続く。

投票お願いします!
↓のバナーをクリックすると当ブログのランキングが上がります
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

+(0゚・∀・) + ワクテカ +

わくわくしながら待ってます(笑)

遅くなって申し訳ないです^^;
地味な練習が続きますが、急がば回れとも言いますし根気よく実践してみてもらいたいですね。
Secre

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。