スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反応速度を高めるには? ――意識配分の簡略化――

まぁなんつーか、飛んだボール見てからバックスイングとる余裕あるほど悠長な競技じゃねーんだって話なんですよね。えぇ。

ボールよりも相手のラケットを見ること。
飛んだ先に、すでに待っているコト。
なかなか難しいですね。
まじ無理なんだけどどーすんのコレ(知らんわ

げふんごふん。

相手の打球に対する反応速度ってのは、分かりやすいとこで視覚から筋肉への伝達速度であるとか、相手のクセを読む洞察力であるとか、単純に速く動くための筋力であるとか、様々な要因で決められるもんだと思うわけですが……

それらの根幹として、それらを効率的に働かせるために必要なのが『意識配分』だと思います。

こう来たらこう動く、ってのをあらかじめ決めておくことですね。

そしてそれらは、できる限り単純であるべきです。
意識する要素がいっぱいあると、反応速度は鈍ります。
相手がこーしてくるかもしれない、あーしてくるかもしれない……と考えていると、それぞれの対応が鈍くなってしまうのはよく分かると思います。

しかし勝負は勝負なので、相手は様々な手段を用いてこちらをかく乱してきます。
つまり意識配分も単純ではすまないわけですが、そこでいかにして単純化するかが最大のポイントなのだと考えます。

具体的には……
単純化するための手段として「時間差」を利用するのも1つの手ですね。

例えばレシーブ時、ショートサービスしか使わない相手だったら台上に意識を集中させればいいだけなのでラクチンですが、ロングサービスも織り交ぜてくる相手だと
「ショートサービスに対する動き&ロングサービスに対する動き」
という2つの要素を意識しなくてはならないため、このままではそれぞれのサービスに対応するのがしんどくなってしまいます。

そこで時間差を利用するわけです。

ロングサービスは長いけど速いです。
ショートサービスは短いけど遅いです。

長短違えど、来たるボールの速度はまったく違うわけです。
つまり、最初は長いボールを警戒しておきつつ、実際にボールが短かったら台上の動きに移ると。

「ロングサービスに対する動き」から「ショートサービスに対する動き」と時間帯で分けてしまえば、それぞれの時間帯で意識することは1つですみますね。

まぁ「レシーブはまずロングサービスを警戒しておく」なんてかなり古典的な意識配分の1つなんですが、その具体的な理由というのはこういうことなんですよ(多分)、ということで。


切れた下回転サービスを打つ。相手はツッツキしてくることだろう(「読み」によって意識配分を簡略化)

予想どおり相手がツッツキしてきたらどうするか?
自コートを3分割して、左側に来たらバックで、中央と右側に来たらフォアで対応(台を3つに分けて考えることで意識配分を簡略化)

台から出てきたらドライブ→出なかったらダブルストップ→浮いていたら強打(「時間差」による意識配分)


あー
頭から煙でてきたー

ま、まぁ、こんな感じであらかじめイメージを作っとけば実戦でもスムーズに動けるし、それが当たり前にできるようになればダブルストップのとこにフリックを織り交ぜるとか、ドライブのとこでコースを打ち分けるとか徐々に発展させていくことができるはず。

メモ取っておくのもいいでしょうね。特に私みたいな忘れっぽい人間は。
……レポートでも作ろうかな。


余談ですが……
ゲーセンで格闘ゲームに興じていた頃よく思ったことですが、強い人というのは例外なく意識配分がすごい……というか、単純に脳の「メモリ」が多いですね。
普通の人よりも、「こうきたらこうする」というバリエーションをたくさん頭に詰め込めるんじゃないでしょうか。

ずるいわー。ずるいわー(泣

下手な人はガードするのに頭いっぱいで中段よく喰らいますよね(やってる人にしか分からんww

卓球では、水谷選手なんかは分かりやすくメモリの多さを感じさせてくれますね。
ボル選手はクリーンな卓球ながら技術水準が異常に高く、メモリ以上に意識配分がよく整理されている印象が強い。
シュラガー選手は意識配分のバリエーションが圧倒的に多く詰め込まれている感じがします。


多分こういう人たちってあまり意識しなくても意識配分がある程度自然にできてしまうんじゃないかと思うわけですが、私はというとあまりメモリが多くない人間なので、いちいち勉強して意識して考えに考えてやらないとできるようにはなれません。悲しいことに……。


投票お願いします!
↓のバナーをクリックすると当ブログのランキングが上がります
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

なんとなくわかりますが、単純化する過程がわたしには難しそうです。とりあえず、いろんなパターンを練習でからだに染み込ませて、考えなくてもからだが勝手に動いてくれるようになればいいのですが・・・

ああきて→こうきて→こうなって…あるよね~そういうパターン。
試合して思うのは強い人は展開の引き出しが無数にあり、弱いこちらは圧倒される。無意識かもわからんけど詰め将棋みたいなもんかね~相手のパターンにはめられて手も足もでない。

最近、高校生と試合することも多いのですが、展開が読みやすいのですよ。詰め将棋が解けるようにコースや展開が綺麗に読めたり…そーいう時は負けないですね。

まあ~経験ですね。
序盤はパターン練習で型にはめてみるとかね。

そんなおいらは高熱で寝込んでいます。
インフルエンザ陰性でしたが、もう一回検査するんだ。
トラチャンも気をつけてね。。。

やっぱり向き不向きあるんだろうね。
自分は頭を使うとどうもいやなところに返せないようなのでレシーブは体の感覚に任せてます。

自分もしっかり頭で考えながら試合してます。
試合終わると脳がしんどいこと。糖分必須ですな。
練習のときからそれを意識しておいて試合をこなしてそれが試合の中でも使えるようにする。勝負勘を磨くとはそういうことだろうか。
自分で意識して養おうとしないと養えないよね。

久しぶりに見に来たけどがんばってるね。

バックスウィングの時にトラちゃんが腕だけ動かしている様が手に取るように分かるよ。「バックスウィング」なんて言うから、腕を後ろに振っちまうんだよ。体幹を右にちょっと向けたら「ハイ、終わり」、そこから本スウィングに入りましょう。

まずは今やってるみたいにいろんなことに注意を払って、「これの時はこうする」というのを積み上げていって、そのバラバラの積み上げてきた意識配分を2つ3つと同時的にできるようになったら、まあ、あとは惰性で意識配分が統合されていくだろう。

たぶん、一つ一つのボールに対する動きがそのピンポイントの一つ一つにしか当てはまってないんだろうね。全く同じボールが来たとしても、2種類以上の打点とか打球方法とかできないと。

まーつまりは練習が足りんということだな。

>>ジジさん
イメージを作っても実践できなきゃ意味ないですからね。
難しいボールに対しても決めにいってしまってミスしたり、せっかく台から出てきたボールもついツッツキしてしまったり……
ただ、練習の目標を明確にするという意味でも大切だと思います。練習を繰り返して、意識せずとも身体が自然と反応して判断できるのがやはり一番の理想ですよね。

>>まーさん
長く卓球をやっていれば、それだけ多くのパターンを行動に反映できるようになりますよね。
若い人でも、メモリが多ければ「ああきてこう」「こうきたらこう」を相手を見ながら器用に使い分けたりしますが羨ましい限りです。
俺は当たり前のことが当たり前にできる卓球を目指してるので、相手からしたら単純で分かりやすい限りでしょうね……
ただ、分かっていてもどうにもできない、そんな卓球がしたいと思いますね。

つか今度は高熱ですか∑(´Д`;
インフルじゃなくてよかったですが……もう今は治ってるかな? お大事に;;

>>
実は私も本来かなり感覚派なんですが、素のままだとどうも無茶な行動が目立ってしまうので自制の意味もあったりします;
意識が先行しすぎると逆にそれに縛られて柔らかいプレーができなくなったりもしますしね。バランスが難しいところです。

>>ENZOさん
以前よりもやたらとスイーツが恋しくなるのは卓球のことばっか考えてるせいですかね。痩せる気がしないww
この「意識」は「目標」とも言い換えられますからね。やはり、それが頭にあるのとないのとでは練習の成果がまったく違ってくるはず。

>>名前……(´・ω・`)
>「これの時はこうする」というのを積み上げていって、そのバラバラの積み上げてきた意識配分を2つ3つと同時的にできるようになったら、まあ、あとは惰性で意識配分が統合されていくだろう

仰るとおりで、それが一番理想のパターンであり意識を作る上での目標ともいえますね。

攻撃が安定してきたら発展させて打法の使い分けもどんどん実戦していきたいと思ってますが、まだかなり先の話になりそうです;
練習不足、経験不足は否定しようがないですねー……
Secre

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。