スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横下回転サービスの利点

サービスは相変わらず横下回転中心でがんばってるわけですが、対下回転のバックハンドドライブを覚えてからは縦回転系を中心にしていた以前よりもやりやすくなったように感じますね。

まず、曲がること。
曲がる軌道で翻弄するというよりは、曲がる軌道のおかげで台から出にくいので2バウンド目をより深いところに落とすことができます。
上手いことハーフロングにコントロールすることができればストップするのがより難しくなります。


そして下回転に頼らず回転量を稼げること。
これはどういうことかというと、まず相手のストップを封じるためにできるだけ強い回転をかけたいわけですが、純粋な下回転をぶち切ると相手のツッツキも切れて返ってきます。

持ち上げんのしんどいっす。

あとゆっくりした球足で台の中途半端なところに落ちてしまわれると、私のような初心者としては非常に困ったことになってしまうわけです。
台から出るか出ないかという絶妙な距離を打てるか打てないか瞬時に判断しなきゃならんわけで、しかも下回転も切れているわけでそこに台上ドライブをしかけるなんて超高等技術を戦術の軸にすえることなんて私みたいなペーペーに求められても困るわけで。


その点、横回転を強めに切っておけばツッツキされてもそこまで下回転が切れて返ってくることは(少なくとも私の試合するレベルでは)ないので、バックハンドでも比較的ラクに返球することができるわけです。

私の横下回転サービスは、台上で4バウンド以上させるとUターンして戻ってくるのでなかなか切れていると思います。サービスだけはよく褒められます^^v


ただ欠点としては、相手に順回転、逆回転という選択肢を与えてしまうということがあります。回転を利用されるというヤツですね。
よくあるパターンとしては、
バウンド直後、ボールの右下にさしこみ左横回転(逆回転)を与えてフォアサイドを切るようなストップをされる。
逆に、フォアサイドを突くと見せかけて回転を流す(順回転)ようにバックサイドを切るようなツッツキやフリックを送られる……など。

つまり縦回転系に比べ広角に返される可能性があり、3球目をオールフォアで狙い打つことが難しくなるため両ハンドで攻撃できることが望ましいと感じました。
ガシアンなんかは横回転を流されても圧倒的なフットワークとボディワークで無理やりフォアで打ってましたがww一般レベルで真似してると確実に選手寿命を縮めるでしょうね。


切れた下回転サービスが得意でも、ツッツキ打ちが不得意ではなんの意味もありません。
皆さんも今一度、自分の武器とサービスとの親和性を見つめ直してみてはいかがでしょうか。


投票お願いします!
↓のバナーをクリックすると当ブログのランキングが上がります
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

俺も3球目に打ちにくい球が返ってくるサービスはヤメレって言われた事ある。
なかなか治らねー。

>>リョースケさん
私もこの前の試合で、ついつい浮き球が欲しくてアップ系サービスを多用してしまいました;
フリックで先手を取られまくって死亡する展開が多々orz
フリックをカウンターしたりラリー戦に持ち込む技術がないとやはり意味ないっすね……
3球目しにくい球が返ってくるなら、逆にそれが具体的にどういう球で、どう返すべきかを考えれば新しい戦術や練習の方向性も見えてくるんじゃないでしょうか。
Secre

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。