スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況報告

●フォアハンド
ようやく改善の目処がついてきました……が、少しでも余裕がなくなるとすぐに悪いクセが;
私の場合は特に十分なバックスイングが鍵なんですがいかんせんボールを待ちすぎる。問題が「タイミング」に集中しているので打ちまくって感覚を掴めれば……。

ループドライブも教えてもらうようになりました。台から出るサービスやツッツキに対し決定打が打てない場合は、ツッツキよりもループで対処できるようになりたい。
台から出るのか出ないのか、強打で決めるかループで繋ぐか。一瞬の判断が難しいですね。

●バックハンド
けっきょく特注プライド(硬度42.5のアレ)に戻したんですが、元々バックが得意だったこともありアホみてーに安定します。ドイツ系テンションのバックの安定性は異常。

ハーフボレーのスイングが固まったら応用で憧れのドライブも打てるようになってきたんですが、ラケッドヘッドを回す分ちと準備動作で時間がかかりますね。ハーフボレーとの打ち分けの判断も含めて要練習。

バック上手いしということでこっちもループ教えてもらったんですが散々なことに……orz
まぁ最初だし、最初だし;;;;

●サービス
YGが安定して出せるようになりました(遅っ
以前はまったくできる気配がないと思われた横下回転も余裕! ……ですが、ボールがネットまで戻ってくるような気配はまるでありません。ブチ切るのがムズイ(泣

実戦では縦回転系からの分かりやすい展開に頼りきりだったので、今後は横回転系を中心に使ってみてそこからの展開を覚えたいところ。
プロツアーの水谷選手のサーブはすごかったなー(*´Д`)

●レシーブ
最近レシーブをバックハンドで取りに行くようなプレーが流行ってるので自分も……! と思ったらリズムが根底から崩れて全然さっぱり動けなくなりましたっていう。
適性なのか? 慣れなのか?;

でもオールフォアでいくと左横回転に苦労するんですよね。
待ちを外すためにバックサイドを突く選択肢が必須だと思うんですが角度を作るのが難しい。この辺りペンホルダーが羨ましくなります。

●用具事情
メイスにオリジナルエクストラを両面貼ったわけですが、片方(バック面の赤色)見事に『ハズレ』を引きました。
硬度は指定してるので単純にゴムの質なんでしょうね。食い込まないし引っかからないwww
同じラバーのはずなのに反転して使ってみたら違いが歴然;;

というか、オリジナルエクストラ自体もう合わないことに気づきました。やっぱりラバーが力負けします;
メイスに貼るとカーボンの硬さが出まくるわバイオリンに貼るとしなりすぎるわ……

メイスは未知の領域のラケットなので今後のラバー選択の基準にすべくフォアにスレイバーEL、バックにカタパルトを貼って様子見中。
バイオリンはフォアにマークⅤ XS、バックに特注プライドで満足してましたが、フォアのスイングがよくなってきたら球を持ちすぎるようになってしまったのでもう少し弾みのいいラバーを検討中です;


投票お願いします!
↓のバナーをクリックすると当ブログのランキングが上がります
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

トラちゃんおひさ!
最近忙しくて自分が卓球やってるのを忘れてたまるですw

バイオリンに貼るフォア側のラバーに悩んでるのかな?

XS薦めた俺としてはそこから弾みを強くするなら微粘着を残しつつ弾みを強くするか、それとも微粘着はもういらないかのどっちかだね。

微粘着がまだ要るんであれば少しスポンジが硬くなるけど粘着と思えない程微粘着なラバーが俺の中でもう一つあって、バンジーっていうラバーがあるよ。
硬さはスレイバーELより硬くてスレイバーより柔らかい位。弾みはスレイバーと同じか少し弾むかな位

微粘着はもう要らないんであれば、一杯あるから好みに合わせて使ってみると良いと思うけど、硬さの近い物ならハモプロα、レナノス、ナノキャノンあたりが使いやすいと思うよ。

コメントあざーす!
うーん、身体的な理由で粘着はもう要らない感じですね。
汗っかきなのでバックハンドのとき汗がフォア面のラバーに垂れ落ちて簡単に粘着が死ぬるww

ラバーの情報ありがとうございます!
ハモプロやレナノスは候補に挙がりつつも硬度がどれほどのものか分からずしり込みしてたんですが、硬度が近いなら使ってみたいですね。
Secre

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。