スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

才能の定義とは?(1)

職場で着てるもの↓

下から
ヒートテック
ヒートテック
ヒートファクト
私服Tシャツ
私服トレーナー
作業着
私服ジャンパー
防寒ジャンパー

いや寒いっすよねホント(ガクガク

17枚合板と化したTora(中芯の皮下脂肪の比率を増すことにより弾性が向上。重量感ある打球感が冴え渡ります)ですこんばんわ。

技術考察の記事から少し離れまして、今回から何回かに渡って
私の考える「才能」の定義ってなんなのかをまとめてみたいと思います。

知ってのとおり私はというと、特に才能があるわけでもない凡人の中の凡人であります。
しかも学生の頃卓球の経験がまるでなく、つい2年ちょっと前から始めたばかりの素人(゚д゚|||)

でも、だからと言って小学生(あるいはそれ以前)からやっているようなベテランの人や、才能ある人に負けてもいいとはまったく思っていません。

私は自分の「限界」や「落としどころ」を考えるのが嫌いな性分であり、
やる前から「できない」と言うのが嫌いな性分というのもありますが
やろうと思ったことはやれると思っているし、それを証明したいとも思っています。

どんな人にも勝ちたいと思っています。
今、私に勝っていい気になっている人たち(※被害妄想)を見返したいとも思っています(`皿´)ムキー


実は以前、私は卓球以外で「才能」というものを目の当たりにし
そのあまりの絶対性に打ちのめされ、挫折した分野が幾つかあります……。

正直に言うと卓球でも、このまま続けていればいつか、同じように壁にぶち当たるんじゃないか
同じ思いをするんじゃないかという恐怖は少しだけあったりします。

でも、卓球はずっと楽しく続けていたい(´;ω;`)

そう思い、その恐怖と対峙したとき、私は考えました。

「『才能』それ自体を模倣できれば、あるいは……?」

才能ある人とは、常人には理解し得ない独特の感性を持っています。

しかし!
もしそのメカニズムを解明することができたなら……
もしかしたら、自分に取り込める要素もあるのかもしれない。


このブログで記事にしているような技術理論を
ねちっこく収拾してるのはそういうわけです(;^ω^)

自分に限界をつけるのが嫌いとは言っても
あくまで客観的……客観的に見れば、自分が「凡庸」だという評価は変えられません。情けないことに。

でも、だからと言って「できない」というのはというものです
自分の自分に対する「凡庸」という評価……これに対する挑戦こそが私のモチベーションなのかもしれません。


OH!
無駄に前置きがずいぶん長く&大げさになってしまいました;;;;

まぁ才能に対抗するには、まず才能というものがなにか定義しないとなってことですね。

そんな感じで次回に続きます。


反骨精神あふるる同志は投票お願いしますw
↓のバナーをクリックすると当ブログのランキングが上がります
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

私は「器用貧乏」と言われてます。
何やっても人並み以上にはそこそこできますが、
どれも「極める」までにはいきません。
死ぬまでには何か一つでも極めてみたいものです。

大丈夫です。
大概の人は本当の才能の壁に当たることなんてないですから。
才能の定義を決めるから才能の壁が出来てしまい、本当は本当のかどうかわからない才能の壁にぶつかったと思うんでしょうね。

才能を上回る努力をする人であれ。(byポロネーズ
、、、、はいwサーセンwww
まぁ、トラsの過去に何があったかは聞かないでおきますが。
(本当は聞きたくてうずうずしているがwww)
原田sだって何度も成長の壁にぶつかって、
その度に血を吐くような努力をしたって言っていた!
壁にぶつかったなら誇れ!
ぶつかったと言う事はそこまで進めたと言う事だ!
壁をどうするかは自分自身の選択だ!!
諦めるもよし、しかしそこにはむなしさしか残らない!
進むには努力は必要だが、向こうには喜びと力が待ってい(ry
いいかげんんにしないと相当うざいと思うので辞めましたw
つまり、まぁ僕が言いたいのは、
壁にブチ当たったって、そのままぶち抜いちまえ!!
ってことです。
それでわ~

勝ちたいけれど、負けてもいいやって思っていますww
楽しい試合をしたいものです。
楽しんでいると壁などは感じないものです。
技術的なものも方法さえ分かっていれば、あとは時間が解決してくれる。

真面目に練習しているけど楽しいからね~。努力しているっていう自覚も無いんだよねww
練習好きっていうのも一つの才能じゃないですかね~。

試合の多い季節になってきました。(どの地方も同じなんでしょうか。)
この季節に一つの結果を出したいものです。

今更だが、今回のテーマは「才能に対抗する為の才能の模倣」
日本で才能ある選手の代表と言えば水谷準!
そこで俺は閃いた!
水谷の才能を真似る為の方法を!!





みんなノーパンになろう

>>Omantaさん
私もそんな感じですねー;
それはそれで恵まれたことだと思いつつ、一線を越えられる日を夢見てみたり。

>>ピンギスさん
持たざる者としては、才能の壁というのを知覚するのはそれほど難しくないように感じます。
斉藤祐樹投手のような何かを持っている人が、何を持っているのか……自分にないものは何なのか……それを考えることは有意義なことだと思いますよ!

>>ポロきゅん
ポロポロがイイコト言ったよ!
今こそ諦めず立ち向かう勇気を奮うとき……!

>>まーさん
一番大事なのは、やっぱり楽しむことですよね!それを忘れちゃーいけねー。
でも、上手くできなくて辛かったり、今より上手くなればもっと楽しいんだろうなーと思うと……
どちらにせよ、卓球が好きすぎることには変わりないですがw

>>リョースケさん
それじゃリョースケさん、パンツぬぎぬぎしましょうねーщ(゚д゚щ)

>>Toraさん
鋼の錬金術師で努力できるのも才能のうちって言葉がありましたね 
迷いながらでも努力する方向を設定して,その道を進むことができる人はかっこいいものです
頭の中のイメージどおりに動けると楽しいですもんね

真面目な話と下ネタのギャップがすごいんですけどww

更新してくだされ~

早く更新してください。

とっとと更新してちょんまげ

>>nagihaさん
とりあえず、自分は努力型の天才なんだと思って報われる日を信じていますw
>真面目な話と下ネタのギャップがすごいんですけどww
いやほら、ギャップ萌えって言葉もありますし(違

>>うっふんさん他
すいません!!!!;;;;;;
Secre

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。