スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そのサーブ、「使えて」ますか?

ども、Toraです

アッー

こんばんわ(*´3`)(やめろ

対下回転のパワードライブですが、なかなか迫力のあるスイングができるようになってきたと思います♪
あとは確実性ですね;
明日はS木さんと練習なので、がっつり感覚を磨いてきます!


で、今回はサーブのお話。
せっかくのパワードライブ、実戦で打つためにどうすればいいかを考えるわけですが
やはり相手にツッツキで返球させる必要があります。

となれば、下回転サーブですよね♪

一応、サーブは一通りの回転が出せるようになったんですが
最近はほぼフォアの下回転かナックルの組み立てに頼り切ってます;

リズムを変えたいときはバックサーブも使いますが、
あまり横回転や上回転は強くかけず、ちょっと横を加えた下回転と上ナックルを基本にしてます。


この通り、かなりシンプルな組み立てなので相手もやりやすいと思います。
サーブはいろんな種類を出せるようになれ!
……なんて、常識ですよね。

しかし私は横回転サーブを使うことができません
横回転サーブは出せるけど、実戦だと使うことができません

だって
横回転とかいって相手のレシーブ
どっち返ってくるか分かんねーんですよね?(泣

レシーブの得意じゃない相手がポロポロ落としたりポンポン浮かしてくれればそりゃ楽チンなんですが、
ある程度「できる」相手だと、払われたり流されたりオモクソ回転かけてストップされたりワケワカンナイコトニナリマス
フツーに当てただけで飛んでもない方向に返ってきたりすることもありますしね……

情けない話ですが、
こっちの回転を利用されてバウンドを曲げられたりしたもんじゃー、それだけでお手上げという有様です。


さて
どうしてなのか?

コース取りや変化の巧みさなど、サーブの質がよければそれだけ相手の返球を制限することもできます
私の横回転サーブがまだまだ甘いということも、要因として少なからずあるかもしれません……

しかし!
しかしだ

もっと根本的な問題が、他にある

さて……
どうしてなのか?


そもそも
横回転サーブからの展開練習してない
からですよ

そりゃできねーわ!∑(´Д`;


3球目攻撃したいけど相手のレシーブがどこに来るかわかんない!
という人や
多彩なサーブを繰り出せるのに、ちょっといいレシーブを返されるだけで取れなくなる

そんな人は少なくないと思います。

当然、横回転サーブから3球目を決めるためには
払われたり流されたりしても対応できるスキルが求められるわけですから
練習でできないのに実戦でできるわけがないですよね(;´▽`)

相手のレシーブ技術によっては、複雑な変化に対応しなくてはいけないので
難易度は高いと言えるでしょう。


そんなわけで
単純にサーブが出せるってだけでは、サーブを覚えたことにはならないんだなーと思う今日この頃です。
3球目攻撃に連携することができて初めて、そのサーブを「使える」と言えるんでしょうね。

かの水谷隼選手は非常に多彩なサーブを使い分けますが
誰もが認める天才の彼ですら、変化の鋭いサーブはやはり3球目攻撃が難しいそうで
苦労して練習を繰り返し習得したそうです。


参考になったという方は投票お願いしますw
↓のバナーをクリックすると当ブログのランキングが上がります
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

自分にサーブ権がある場合は、3球目以降も主導権を握っていたいですからね。
それが相手にレシーブでいいようにやられているのなら、サービスが回転、コース共に甘いのでしょう。
厳しいサービスを送れば相手のレシーブが単調になりがちなので、展開練習の時にサービス練習も兼ねて厳しいサービスを意識してみては?

>>リョースケさん
まだまだサーブが甘いんでしょうね><
レシーブミスを狙うよりとりあえずラリーを展開したい私は縦回転送っときゃ安パイ~ぐらいに思ってましたが、
厳しい横回転サーブの練習と、そこからの展開を並行して覚えていかないと上じゃ通用しないんでしょうね;
アドバイスありがとうございます。
Secre

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。