スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表ソフトを使ってみました

思うところあって表ソフトを試してました。
さて使ったのは……

プライドを愛用していたため同等の弾みが欲しい。表ソフトながら強い弾みと回転で人気を博すブースターSAか!?
いやいや、表ソフトといえばナックルの変化とブロック、レシーブのやりやすさ。特徴を掴むためにもスペクトルか!?




閃霊でした(しかもウス




そこそこ弾んでそこそこ止まってそこそこ引っかかってそこそこ滑ってそこそこナックルとの変化が分かりにくそうなラバーを探していたんですが、これが該当しました。

いや……Nittakuのカタログで王輝選手がビオンセロ+バック面閃霊だったからさぁ……
バイオリンとの組み合わせならレシーブやブロックの安定性はもちろん、ハーフボレーの速攻に加えカットも練習できるんじゃないかと夢見たんだ……うん……


まずは基本のバックハンド・ハーフボレー。
やはり表ソフトということで球離れは早いのですが、そのくせ弾まないので咄嗟にブロックすると相手コートにも届かなかったり。
またウスということで当然スポンジの食い込みもないので回転をかけるのが難しく、弧線がゆるいので打ったら打ったでオーバーしやすい;;;;

言うまでもないんですがプライド(よく弾みよく食い込み、弧線が鋭い)とは真逆の方向性にとまどい、基礎打ちでもミス連発。
相手の人、すいませんんん(泣

しかもきちんとハーフボレーのスイングで打ち込めないとナックルが出るらしく、相手が不自然にネットに落とすことが多かったですね。
逆にナックルかと見せかけてきちんと上回転かかってるときはオーバーミスしたりすることも少なくなく、ラリーが続かない……




ああああああ

すいませんすいません(泣(泣(泣


よく「粒高?」と聞かれてしまいます。いいえ、攻撃用の表ソフトなんですこれでも……。
食い込まないから変化が出やすいんでしょうね。スポンジが厚ければ引きつれが起こって、フラットに弾くだけでも上回転がかかりやすいと思うんですが、それがないので低く入ったボールに対して攻撃すると安定しにくいのだと思いました。
特に中国製表ソフトの代表格ともいえる閃霊は硬いことも強く影響してると思います。
他の表ソフト見たことないけど絶対硬い! ピンポンドリームさんにて購入しましたが硬度表記見てビックリしたw


とはいえここで泣き寝入りか? と言われるとそうではありません。
向き不向きがあるのは否めませんが、要は技術次第! 飛び出すボールをすべて用具の特性で判断するのは用具厨の典型例ですよ。やはり自分の腕でラバーの可能性を切り開いていく姿勢を持たなければ……よくいう

相手に迷惑をかけながらもハーフボレーの練習を続け、だいぶ安定するようになってきました。これなら前陣でも攻撃型として立ち回れそうです。
ただ、ちょっと後ろに下がると……腕一本振り回したら山なりに相手コートには入りましたがただの棒球。ウスですしね……カットするのが無難なようです。

そしてハーフボレーが安定しなかった段階での、相手が不自然に落としていたボール……ナックルボール。
このラバーを選ぶ大きな基準として上回転とナックル、下回転とナックルという変化の分かりにくさがあったのですが、突き詰めればかなり使えそう。
市内では2部までなら絶対に強く機能するはずです。まず回転の影響を受けにくいことからレシーブがしやすい。あとはツッツキで切ったり切らなかったり、ブロックやハーフボレーのときには上回転とナックルを出し分けたり……

1部になるとドライブでぶちぶち抜かれて終了でしょうけどね;
卓球とは突き詰めればいかに先手をとって攻撃的な球を打てるかだと思うんですが、様々な状況から正確な「攻撃」を決めるためにはかなりの練習が必要になりますし、それが安定しない段階ではこういった守備的な変化や安定性を求めた方が勝ちやすい。中学レベルまでは粒高が強いと言われるのが分かった気がします。


話がそれてハーフボレーだけでだいぶ長くなってしまいましたが最後にツッツキ。

って最後かよ!
硬い粒でゴッスンとツッツキを切る感触が楽しくてストップもフリックもやってませんでしたww

プライド使ってたとき、ストップ性の切ったツッツキをするときはボールの底を撫でるように薄く擦って回転を強くかけ返しながら短く返球していたのですが、同じようにやってみるとあろうことか天井目指して飛んでいきました。
硬い、摩擦が小さい、球離れが早い。物理法則で考えれば納得できますね。うんうん蒼さんの表ソフトの記事読んでてよかったー
こいつを使ってシート表面で薄く切るのは厳禁! ボールが滑らないように厚く捉えながら、食い込ませて切るように飛ばさないと……
慣れると弾みが小さいせいかかなり安定しますね。回転量はフォアのマークⅤ XSでガツンと切ったときには遠く及ばない感じですがまぁ粒と平面とじゃ物理法則で(ry

弾道はかなり安定してますが、もうちょっと切れないかな? 滑らないように、厚く捉えたあとに角度を変えて粒表面で擦ってやるとか……もっといろいろ試してみる余地がありそうですね。
ナックルもどこまでバレないように出せるものか……裏ソフトよりも似たような軌道で飛ばしやすいラバーだと思うので、表ソフト特有の球離れの早さで、相手コートの深いところに鋭くツッツキを決めて下回転かナックルか判断させる間もなく打たせて事故らせる……なんてのが理想なんですが。


まぁ表ソフトの使い方云々言う前に普通にラリー安定させろよって話。
前回の記事のコメントのとこでも触れてるんですが悪癖の矯正に手間取りすぎて全然上達してません;; やっぱり指導者が必要なのか……?


投票お願いします!
↓のバナーをクリックすると当ブログのランキングが上がります
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

No title

某掲示板時代から応援させてもらっています。
私も最近、裏→表に変えた口で、ラリーが安定しませんし気持ちが痛いほど判りますw
私は裏表カットマンをやっていますが、
私は729が出している802-40(中国スポンジ)を使用しています。表のくせに引っかかるし球持ちも悪くないし、一番薄いのでも1.5mmなので弾みもそこそこです。
裏みたいに扱える分、表のくせに回転の影響を受けやすいのが難点です。
「裏と表の中間」みたいなラバーで、
表ソフトで回転を求めたり、ガツンと切りたい人には良いかも知れません。
値段もWRMで1980円と安いのも魅力です。

バック表の世界へようこそ!w

閃霊は確かに硬くて、独特な球になりますよね
使いこなせることができれば武器になるんでしょうけど、自分には無理そうでした…
表でも柔らかいのだと大分球持ちや食い込みが変わりますよ

表の打ち方は…裏の時のように初めから面を被せてしまわないことを一番気をつけてます。

OX

スポンジ薄っていうのが渋いねえ。
一枚ラバーに近い球が来るんかな。
一枚ラバーで明治大学に池田という子がいてな・・・すげえエグイ球打っているよ。
ニコ動にあがっているから見てみてね。OXにしたくなるかもよwww
俺も表や粒やってみたいけどなーバックドライブ好きだから忘れることにする。

コメントコメント・・・消してない消してない。
FC2の陰謀の巻ww


No title

>>Omantaさん
某掲示板時代から!!∑(´Д`; ありがとうございます!
表カットは憧れですねー。私ももう少しリーチがあったら挑戦したかったです;;
802-40の噂はかねがね聞いてましたが、1980円ってのはすごいですね。表ソフトをある程度使えるようになったら試してみたいラバーです。

>>蒼さん
閃霊も使ってましたか! 私の場合はウスということでより硬さが増してたと思います……厚あたりだとどうだったんだろうか。
擦りつけるとすぐ落ちたりしますよね; この滑りを利用することができれば……!

>>まーさん
守備志向の選手なのかと思いきや、まさかフォア面に貼っての攻撃型だとは思わなかったwwかなり弾むラケット使ってるんですかね。
御内選手との試合を拝見しましたが、攻撃型選手との試合が見てみたいですねー。

コメントの件ですが、もしかしたらスパムを削除したときに「削除しました」的なページをうっかり2回開いてしまったので、そのときにまーさんのコメントごと消えてしまったのかもしれません;;すいませんでしたorz
Secre

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。