スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日記】状況別の選択肢を突き詰める。

ミクシィやツイッターで愚痴ってましたが、どうにも調子が出ない今日この頃
><
今ではもう割り切って、やれることをやろうと試合に臨んでも
やはり1つ1つの行動で迷いが出るというか、どうにも反応が鈍いですね;

ゼロコンマ1秒の差が致命的になるのが卓球……!

自分に足りないこと、これから覚えていくべきこと
そのためにどうすればいいのか
状況別の行動選択肢とそのときの身体の使い方、しっかりロジックを組み立てて……

考えるだけですぐ実行できたら苦労しません(;^ω^)
1つ1つの行動を、イメージした通りちゃんと実行できるように
明確な意識を持って練習に臨んでいきたいと思います。


フォアサイド
右足の先にボールを呼び込むようにポジショニングを意識

基本は右足軸、ボールの外側を捉えてドライブ

サイドを切るようなボールが来た場合は
平行ステップしながら左足軸でボールの外側を捉えてドライブ

それでも届かない場合は、左足を交差させつつ右足軸で外側をドライブ
右足をしっかり右側に抜いて着地し戻りを早くする

ミドルに来た場合、左にステップしながらボールの内側を捉えるようにシュートドライブ
左足軸で踏み込みながら打ち、スイングと同時右足が浮く形

対下回転はバウンドと同時にバックスイングを取るようにし、しっかりボールを呼び込む
水平スイングで打ち抜くか、
打ち切れない場合は重心を後ろに残したまま、左膝を上げるようにして下から上にスイングして繋ぐ

課題としては、腰が上下しがちなため常に低重心を心がけ
しっかり重心移動し水平スイングを心がける。

時間的余裕があるとき、焦って打球タイミングが早くなりがち(対下回転も同様)
このときフリーハンドを一瞬伸ばすようにして、ボールを呼び込むようにする


バックサイド
正面から左足までの間にボールを呼び込むようにポジショニングを意識
正面より右側に来た場合、即座にフォアへ切り換えられるようにする。

基本は流し打法、ボールの右側を捉えるように
インパクトした瞬間、ラケットヘッドを相手に向けるように手首を返し、弾く

相手のドライブに対しては、やはり右側を捉えるようにして回転を抑えつつ
早い打点で回転をかけ返すよう、コンパクトにスイング

フットワークでボールを正面に捉えられるよう動くが、
ボールが左側に来てしまった場合はボールの左側面を捉えるようにし、シュートドライブに切り換える

対下回転でもボールの左側を捉え、擦り上げるようなスイングが求められる。
フォアハンドほどの時間的余裕がなく、相手がインパクトした瞬間にはバックスイングを取っている必要がある。

課題としては、対下回転のバックドライブを放った後の
対上回転の備えが緩慢。
ある程度返球が速く来たときのミスが目立つため
3球目から5球目の流れで切り替え練習へ繋げられるよう努める。


サービスからの展開
フォアストレートへの下回転のよく切れた(具体的には、床に落ちたボールがこちらまで戻ってくるくらいの)バックサーブを基本とし、ツッツキを誘う。
これにミドルへのコース取りと、上ナックル、ロングサーブを織り交ぜミスを誘う。

相手のラケット角度をよく見定め、インパクトした瞬間にはコースを判断し
両ハンドドライブを確実に相手コートへ運べるよう練習に努める。

ストップされた場合、フォア、バックともに
ややボールの外側を捉え、鋭くインパクトしたツッツキをクロスに送って相手の対応力を測る。

これに対し、球威がない、あるいはコースが読みやすい攻撃をしてくる相手には、早い打点で返しラリー戦へ
このとき、打ち抜くのではなく、相手の球威を利用して柔らかく返すよう努める。

ツッツキで返してくる相手は楽。
やはりドライブで決める。

ツッツキに対する相手の攻撃が厳しかった場合、ダブルストップしたり、ストレートで逆を突くなど工夫が必要になる。
ぶっちゃけそういう相手にはまず勝機がないけどがんばる。


レシーブからの展開
相手のサーブ別に述べると膨大な量になってしまうため省略。
やはり切ったツッツキをしっかり低弾道で入れることができるよう優先して取り組む。

フリックの精度に難があり、特にアップスピンのよく切れたショートサーブに対する弱さがある
基本のVの字フリックから入る必要があるように思われる。
流し打法を併用すると楽になるかもしれない。

アップショートに対するミドル処理がどうすればいいのかぶっちゃけ分からない
しっかり足を使えと言われればそれまでだがなんかいい方法あったら教えてエロい人!ヽ(;´Д`)ノ


同情するなら票をくれ!!
↓のバナーをクリックすると当ブログのランキングが上がります
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

足を使えwww(言っちゃった。)

私はショートサーブには消極的ですので、アップサーブを上(斜め上)から押さえ込むようにしてストップしたりします。意外と短く止まりますし、その後の展開が作りやすい。

もしくはコースをついて軽く払ってみようか・・・・。

まあ~初見の相手のサーブをそこまで上手くレシーブは難しいねえ。

とりあえずブラックパワーGCSがイケています。

レシーブ、台上はしっかりと顔を近づけて処理しないと不安定になりがちですよ、いくら足が使えても顔(頭)を入れてひじから先に余裕を持たせて処理できるようにしないと安定しないし初見の相手に対して後手に回りやすくなってしまいます。
私の場合はショートサービスに対しては基本がストップですね、ブロック、フィッシュにそこそこ自信があるので浮いても短く返して相手の出方を見てからフリック、ツッツキなどいろいろ試して、1番効果のあるのをメインのレシーブで試合を進めるようにします。
台上はやってるやってないが如実に表れてくるので、少し切ったストップ(浮いてもかまわない)だけで最近の高性能テンションラバーを使っている中高生はカモれますよ。逆にコンロールラバー、高弾性ラバーみたいな暴発しないラバー使ったほうがいいのにと、最近の地区大会の中学生を見ていると考えてしまいますね。

ジーニアスオプティマムサウンドまだ1回しか練習していませんが面白いラバーです。スポンジはかなり柔らかいのにシートがしっかりと球をグリップしてくれるので落ちる感じが全然しませんし、切ろうとするとMOPHA、カリブラ程ではないですが案外切れます。まだ柔らかいラバーに慣れていないので何とも言えませんが寿命しだいではメインラバーにできますね、TIBHARのラバーらしくて打球感も心地いいですしニンバスで不満だったシートの引っかかり、グリップ力が改善されていて万能ラバーといえますね。後、打球音ですがグルーの音にかなり近いものがありまた、打球感はほぼグルーでしたね。
ジーニアスとジーニアスオプティマムのシートの関係はテナジーの05と64に似ていて引っかかり重視がジーニアス、くいこみ重視がオプティマムなので、たぶん、テナジー64FXの特に柔らかいものに似ているんじゃないかと思います。

他人の戦術ロジックを見るのはとても参考になります。

バックの課題の解決策としては、フォアハンドもですが「下回転をドライブしたら半歩下がる。」これを意識するだけで驚くほどスムーズにラリーに入れると思います。(既に実施済みならごめんなさいね)

>>まーさん
>足を使え
デスヨネwwwwwすんませんwww

上回転を上から押さえるという手法は考えてませんでした!
回転のかかったドライブも、上から撫でるようにすると止めやすいですもんね(伸びないけど^^;
原田塾長が上からゴツンと切り落としながらストップしてるのを見て、こんなん無理だヨー;;;と思ってましたが、上から押さえるという方法から入って実践してみたいと思います。

>>ROM専さん
元々短く止めるのは得意で、最近はツッツキがかなり切れるようになってきたので
個々の技術ではストップ、ツッツキとも自信はあるんですが実戦では回転と、それ以上にコース読みの判断の悪さが大きなネックとなってますorz
守備技術はさっぱりですし、サーブでいろいろされると簡単に死んだりして恥ずかしいですね(´;ω;`)
台上のモチベーションの低さが露呈した結果となってますが、用具の止まりっぷりは申し分ないので(笑)ちゃんと考えて精進してきたいです。

オプティマムサウンドよさそうですね。
弾むけど柔らかくて使いやすい、柔らかいのに落ちないってのは、焦点1を使っていた身としてはフォア面でも試してみたくなってしまいますw
オプティマムのコンセプトがテナジー64系ってのは初耳でした!
ヘキサー+と同じようなコンセプトになるんでしょうか。
ラケットがコルベルだとバック面のラバーでもスポンジにコシが欲しいので、選択肢になりそうです。

>>通りすがりさん
こんな初心者のロジックで申し訳ないんですがっ(つДと)
アドバイスありがとうございます!
ちょっとしたポイント、きっかけで大きく変わったりするのでありがたいですね。
Secre

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。