スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最高のラケット、最高のラバー。

前々回紹介したクマベル(似非ST)はやはり重心が手前寄りすぎて気持ち悪かったんですが、スペアラケットがない状態ではよろしくない(メインはエッキー2世)と思い密かに用具を購入していました。

今まで得た用具知識と技術的な経験……その集大成として、今の自分に最もマッチする組み合わせを想定してラケットとラバーをチョイスしたわけですが……

こいつが想像を超えるフィーリングのよさ!!!!
あまりの感動に、疲労困憊の練習後にも関わらず更新した次第です。


コンセプトとしては、まず柔らかく手に響く打球感のよさが第一。やっぱり気持ちよく打てるかどうかが一番大事。
その上で、一定以上の球持ちのよさを確保しながら、操作性を損なわない範囲でどれだけ弾みを上げられるか……というものでした。

まずはラケットから。
今までの経験で考えると、エキストラは球持ちはいいのですが弾性が低く、ラバーで打っている感触が強かった。
もう少しラケット自体の反発力が欲しい。
かといって7枚合板や特殊素材ラケットはNG。例えアリレートやグラスファイバーのような柔らかいと言われる素材で、6ミリ以下の薄い板厚で仕上げたとしても、木材のみの5枚合板と比べるとはるかに球離れは強くなってしまいます。

6ミリ以下の5枚合板であれば、弾みの強いものでも球持ちがよく、回転性能に関してはむしろ向上するくらいです。
薄い5枚合板の中でも、弾みの強いもの……
そうくれば、コルベル(Butterfly)、馬琳エキストラオフェンシブ(Yasaka)、オールラウンドエボリューション(STIGA)、ポイントカーボンレガート(DARKER)、マゼラン(XION)が候補に挙がりました。

が、コルベルとオルエボはグリップが気に入らない。
馬琳エキストラオフェンシブはいくらなんでも硬すぎた。テンションラバーとの組み合わせだと第一候補に挙がるんですが……
レガートは前情報がなく、5枚合板ですがポイントカーボンという未知の領域であるため不安。
コルベルは手前寄りの重心もよくなかったのですが、同様の理由でマゼランもダメそう。上板の桧は気になるけど……

実はグリップに関して言えば、Nittakuのストレートが一番好きです。
細めの丸型で手の小さい私にも握りやすく、また質感もいい。

Nittakuの5枚合板で要望を満たすものと言えば……
ううううう……………………




バイオリン買っちまった(゚∀゚)



さすが社会人、趣味のためには金に糸目をつけねーのでした。
ちなみに、これのおかげで箱○とブレイブルー買うの諦めました


で、ラケットが決まったところでフォア面ラバー。
まず、テンションのかかったラバーはNG。今の技量では球離れが早すぎて安定しないし、フォームも崩れる(ていうか崩れた)。
かといって、柔らかいものを選ぶと5枚合板との組み合わせでは全然手に響かなくなってしまいフィーリングがよくない。

粘着テンションである藍鯨1、2は弾みがそれほど強くなりすぎず、スポンジにコシがあり、ドライブのとき引っかかる感触がよく分かる……と打球感は非常によかったものの、コントロールを考えるとまだ扱い切れるレベルに達していないと感じました。

というわけで選んだのはマークⅤ XS。
無印マークⅤは球離れが早い、かといってADは柔らかすぎる……ということでXSとスレイバーELの2択になったんですが、Yasakaスキーであることと、ドライブのかけやすさを優先してXSに決定しました。
シートが柔らかく、微粘着性なのでボールを引っ掛けて捉える感触がバツグンにいいのですが、スポンジはコシがあり、フルスイングしてもしっかり応えてくれる非常にバランスのいいラバーです。


そしてバック面ラバー。
カテゴリとしては以前からドイツ系テンションで決定しています。こっちは弾みすぎて困るということがなく、むしろ食い込みのよさと自動回転性能がフルに発揮されてハーフボレーもブロックもスマッシュも安定します。
台上は難易度が高まりますが、これは慣れだと思ってます。練習、練習。

卓球亭さんで扱っている特注プライド(硬度42.5)は特に好感触で、簡単に威力が出せる上にツッツキもかなり切れますね。

ということで今回も特注プライドにしてみようと思ったんですが、もっと硬度を落としてみるとどうだろうか……ということで実験的にプライド30を選択。
フォア主戦の私のバックはとっさの繋ぎで使うことが多く、コンパクトなスイングでももっと威力と安定性を出したい……それにしては硬度42.5というのは客観的に考えてやはり硬いのでは? という疑問がありました。台上なんかは安定するんですけどね。


こんな感じで新たなスーパートラちゃんラケットが決定したわけです。
いやマジやばいんだって!!w さすがバイオリン……高いだけありますよ。

長くなったので実際の練習編に続きます;
来月の5日には大会なんですがうちのボスがやる気になってて、今日も明日も明後日も練習ですwwwヘタすりゃ明々後日もw
サイコー!!


投票お願いします!
↓のバナーをクリックすると当ブログのランキングが上がります
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

うわー!すべてが羨ましい組み合わせw
自分も同じ様なラケット選択でバイオリン候補に挙がってましたが、やはり値段が怖くて試せませんでした><
マークⅤ XSもプライド30も気になってました
マークⅤXSはシート柔らかめなんですね
今度試してみようかな

驚愕

いいな~!
acousticの中国式欲しい。
最高の打球感を見つけると練習が楽しくなるよね。一球一球の感触で脳内でイイ汁がでるわなWW
最高の汁男優を目指して下さいWWW

ところでトラチャン。
俺も手が小さめなんだが中国式で握りやすくて裏面が振りやすいメーカーはどこだろう?ブレードがヤサカは大きすぎるし
グリップも握りにくい(太い)。
気になるのはダーカー。

他の人でもいいので教えて~。

ともかく良かったね!

No title

くそう、オルエボもエキストラも結局高いラケットには勝てないのか…orz

おおお、何気にトラちゃんMarkV-XS気に入ってたのかw

自分が勧めたラバー使ってもらえてると地味に嬉しいw

ドイツラバーで柔らかいのだとプライドもいいけど俺はプラズマ380のが好きかなー。固いほうならプライドのほうが持ち上がる感じがしていいけど柔らかい方ならプラズマの方が安定して守れてしっかり攻めれる感じがする。

No title

>>蒼さん
やっぱり5枚合板でこの値段だと尻込みしますよねー; フツーにコルベルやオルエボが気に入ったらそれでいいと思いますしね。コストパフォーマンス的に。
マークⅤ XSは、ラウンデルでコントロールに難があると思ったら試してみるといいかもですね。俺の場合まだテンション系を扱える域に達してないもので……orz

>>まーさん
汁男優はもういいってwww
すんません、さすがにペンの情報までは持ってません;; エキストラ中国式は特に何も考えず買いました(ぁ
そうかー、あれ太いのかグリップ……
まぁでもメーカーの傾向として、シェークのときの常識がペンにも通用しないかなーと妄想してみたり。Nittakuやダーカーは細そうですよね。予想ですけど。

>>
むしろこの値段でエキストラと大して変わんなかったら怒るww

>>まるさん
いやぁー、いいっすねXS!!
テンション系はあんまし試してないんですが、最近はむしろバックハンドのスイングを見直す余地がありまくりで正確なラバーの評価を判断することができない状況です;; ああもう。難しいんだから。

No title

某スレに触発されて卓球始めた年寄り初心者です、以後よろしゅーお頼み申します。
始めて2か月ほどですが、これまた某ブログに洗脳・・・・・・・ではなく感化され、昨日板とラバーを新調しました。

※本当は、前の組み合わせ(チューズ+両面フレクストラ)で強打しようとすると中々ラケットから球が離れない感じで、ストレスだったのが理由です

バイオリン欲しかったですけど、どーにも高いので(ToT)トラちゃん推薦の中からてけとーに選んでコルベル+スレイバーELと相成りました。
夜遅く帰宅したので試打とははまだです。
とりあえずは御指南御礼m(__)m

No title

>>らんまんさん
すばらしい!!始めてくれてありがとうございます!
洗脳とは人聞きの悪いww
コルベル&スレイバーELならかなりよさそうですね。正直、コストパフォーマンスを考えればバイオリンいらんと思いますしね;;
お互いがんばりましょう!
Secre

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。