スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】馬琳エキストラオフェンシブ&焦点1

今日1日使いこんでみましたが……
うん、間違いない。やっぱ弾みいいですよ馬琳エキストラオフェンシブ(以下馬琳EO)!
合板枚数やカタログスペックからはまったく想像できないスピード性能があります。

焦点1と相性がいいんでしょうか。
いいのは間違いないと思うんですが、それにしたって
球離れが早いっ!!;

私が用具に求める第1条件としてある、ブレード面に対し打球が上の角度に飛んでってくれる点はかなりイイカンジなんですが
上手くタメを作れずヘナチョコドライブすると思ったよりも弧線が出てくれなくて、直線的に飛んでってオーバーが目立つ感じでした。

中陣からのフォアドライブは、エキストラ7やファイバースペシャルなんかだと伸びのよさを驚かれるんですが
馬琳EOだとちょっとしならせるのが大変で、相手からは「スマッシュが打ちやすそうな感じだね」とすら言われる始末∑(゚д゚;)

わ、分かってるじゃないか……
うん、たしかにスマッシュ打ちやすいです。
簡単にバチコーンていけますw

バックドライブは対下回転の決定力はもちろん
中陣に下がっても文句なしですね。
3球目攻撃などラリー序盤なら弾まないラバーでも決定力は確保できますが、後ろに下がってもストレスなく攻撃できるのは嬉しい!
焦点1は後ろに下がると厳しい、失速すると感じていたんですが、このラケットに貼ればクレアンガしても(もはや形容詞なのか)力負けせずに飛んでってくれますねー。

あと、打球音がかなりいいです。
硬い上板によるものか、テンションラバーを貼るとパキーンと鳴って気持ちいいです!
焦点1でもフォア打ちからパチパチ鳴りますww

……と、まぁ、そんな感じで
ホントに5枚合板なのかこいつ……?

ただ、これだけ弾きがよくても特殊素材系ラケットや厚いラケットと違って
ボールの飛び出し角度はブレード面に対し平行に近いんですよね。
この辺やっぱり薄い5枚合板ラケットだなぁと。

というわけで、
台上はかなり抑えやすい! と思います。
軽いタッチだとポーンと飛んでしまうような感覚はないですね。
ツッツキは切りやすいし、ストップは抑えやすいし。
フリックは苦手なんでどうとも言えない(゚д゚|||)

ちなみに重心はブレードが軽いせいでしょうか、けっこう手元寄りですね。
これ使ったあとにエキストラ7握るとビビりますw重心すごい先端寄り……


総評としては、弾きがいい、それでいて台上もやりやすいということでかなりハイスペックなラケットのように思いますが
課題はフォアドライブ!;;
弾道がけっこう直線的になっちゃうんで、あらゆる状況でしっかり回転をかけきれるかどうかが馬琳EOを使いこなす上で鍵になるはず。
まぁドライブにこだわらなければ、ラバーが焦点1だもんでフツーのフォアロングやブロック、繋ぎはかなり安定感があるんですけどね(;^ω^)


あとフリックよ。トラちゃんェ……
台上はほとんどフォアで取るんですが、アップスピン系のショートサーブされるとビビって横回転かけて流すか球の上っかわ擦ってとりあえず入れとくぐらいしかできてない(^q^)
パチーンと弾きにいく気概が必要だ!


参考になったという方は投票お願いしますw
↓のバナーをクリックすると当ブログのランキングが上がります
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

なるほど。
用具厨だけど、なんだかんだで色んなラバー使ったけど、、、
やっぱり焦点に落ち着いたんですね^^

その気持ち、すごい分かります!(`・ω・´)

僕は今は、
R水谷隼
Fテナジー05
BMopha PRO(国チーム)という

超・ミーハー用具を使っていますが、(笑)Rは兎も角(Rも)Fも卓レポで当てたものですからね・・・www

もうすぐ終わる予定ですww

直線的に飛ぶならあえてゆっくり振ってラバーの力で弾道を安定させる方法もありますよ。
速く振る(すりうち)は確かに球威の点ではいいんですがラバー、ラケットの組み合わせによっては球離れが速くなってしまい引っ掛けるよりも先にスイングのエネルギーでボールが飛んでいくことがあります。
これは、表ソフトでドライブをかけようとするとわかりやすいです、表は球離れが速いためふりで回転をかけようとしたらタッチの感覚だけでかけることになり安定させるのは困難になります。けれども、ゆっくり振ることで感覚的な接触時間を延ばすことができしっかりと回転のかかった球が弧線を描いて飛んでいきます。
この接触時間の長さがポイントで裏ならこのときに自然にひきつれによって回転がかかってくれます(表は)←な感じで振って少し上に飛ばすと安定しますよ)
理屈はこんな感じなので実際に試してみてください。

RクリッパーWRB
FキョウヒョウNEO3(40度)
BCALIBRA LT
CALIBRA LTですが今までで一番弾むラバーですね正直今まで使ってきたのどのラバーよりも威力がでて打球感もいいです。日本製でシートが柔らかくスポンジが少し硬いくらいで引っかかりがかなり良く、非スプリングスポンジなので個人的にはテナジーよりも使い勝手がいいラバーですね
継続使用するかは自分の技量(台上、ブロック等のつなぎのしやすさ)で扱えるかわかってからですが、自身の技術レベルが上がったらこれを使いたいと思えるくらいいいラバーですね、というか非スプリングスポンジでも日本製でこれだけのもの(弾み、打球感、くいこみの良さ)が作れるのが驚きです。
WRMの隠れた名品だと思いますよ(メーカーはSTIGA)

現在オフェンシブcrを使っていて中陣での飛距離不足からエバンホルツかマリンエキストララオフェンシブを考えていた為、大変参考になりました。

マリエキはやはり飛ぶのですね(笑)最悪両方買ってみます(マテ)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>>卓球の虫さん
いえ、単に、テナジーを使うべきでないほどには自分の実力が足りてないってことにようやく気づいただけのことで(^q^)
人それぞれ正解は違います。
卓球の虫さんは己の信ずる道を歩んでくれ……!

>>ROM専さん
アドバイスありがとうございます!
>速く振る(すりうち)は確かに球威の点ではいいんですがラバー、ラケットの組み合わせによっては球離れが速くなってしまい引っ掛けるよりも先にスイングのエネルギーでボールが飛んでいくことがあります。
言われてみると納得できます;;;;
あえてゆっくり振ることも必要ですね。

CALIBRA LTのレビューもありがとうございます。
次世代型日本製テンションラバーといったところでしょうか、相当弾みそうですね@@
大人しいラバーを使っていると、たまにはカーンと飛ばせる柔らかくて弾むラバーを使いたくなることがあります^^;

>>通りすがりさん
オフェンシブCRは使ったことないんですが、5枚合板ユーザーならエバンホルツや馬琳EOを使えばストレスなく打てるはずですよ!
こっそりエバンホルツに焦点1貼ってテスト中ですが、球離れの早さで飛ばしてる感のある馬琳EOに比べるとエバンホルツはより掴む感じで飛ばしてくれ、弾道もよく弧線を描きますね。
単純に弾みが強いようで、台上や繋ぎなど細かいコントロールは意外にも球離れの早い馬琳EOの方がやりやすく感じましたが……;

>>管理人のみ閲覧できます
ビゼロックスに合うかどうか……今貼っているラバーによると思いますね。
高弾性や非テンション粘着ラバーからの乗り換えであればかなり気持ちよく打てると思いますが、最近の弾むテンションラバーを使っている場合は物足りなく感じるかもしれません。
基本的にラケットを選ばないラバーだと思いますが、性質上硬めのラケットの方が合うと思います。ビゼロックスは、少し柔らかそうですからね。

焦点1は粘着テンションに分類されるようです。
粘着はだいぶ弱く、微粘着性ですが……。固体差によっては全然ありません^^;
しかしトップシートの粘着性をいかす構成では全然なくて、擦るよりも食い込ませて打つタイプのラバーです。
弾みの小さいテンションラバーと考えてもらえればいいと思いますね。
食い込みがいいので、個人的に高弾性ラバーよりコントロールもしやすいと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

タキファイアからの移行ならバッチリいけると思いますね!
柔らかく感じるかもしれませんが、弾きもいいので気持ちよく打てるはずですよ。

バタフライの値上げは確定のようです;
安易な値下げに乗らず、むしろその逆をいく判断は業界をリードする企業として賞賛したいところもありますが
私としてはバタフライは完全に選択肢の外になるなーというのが正直なところです^^;
Secre

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。