スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そこで待つ。打つ前に止まる。『ポジショニング』のスキル(1)

卓球教室の先生は「ボールが飛んできたのを見てから構えるな、飛んでくるそこで待っているようにしろ」と言います。

元全日本チャンピオン岩崎清信氏は「相手の打球に対し、『止まる』時間を作れ」と言います。(※卓レポの記事

当初の私はこれらの言葉がまったく理解できませんでした。

だって、気づいたら飛んでくるんだもん(;x;)

飛んできたボールにラケットを合わせるだけで必死;;;;
相手がどこに打ってくるか分かんないのに、「そこで待ってる」「打つ前に止まる」なんて無理だよぅ……!!

が、その後もクラブで相手をしてもらって経験を積み、
システムフットワークや切り替えランダムの練習をやるようになり、
フォアサイドへのスピードロングサーブが上手いおっさんどもに揉まれ、

徐々に私の感覚は変わっていきました。

相手のボールがよく見えるようになり、
ドライブもどんどん安定してきて、
そして……

スランプに陥りましたorz
なんでや;;;;;

なぜかフォアサイドに来たボールに対し、やたらと空振りしてしまうのです。
これは相当落ち込みました。

今までと同じ感覚で打っているはずなのに、一体なぜなのか。
今までの努力は一体、なんなのか……!?

そしてあるとき、1つの事実に気づきます。

自分は相手のボールを待ってなかった。
相手の打球に対して、「止まる」ことをしていなかった――!

それに気づいたらあとは簡単に修正できました。
引き合いになる場面も多くなり、ラリーが続き見てる人を湧かせるようなプレーも多くなってきました。

どうやら、打球に対する反応速度が高まっていること……それに自分で気づいていなかったことが原因のようでした。
相手の打球コースに対し、以前と比べ明らかに早くポジショニングしているというのに、以前と同じタイミングで余裕のないドライブスイングすれば……
そりゃ、振った後にラケットの下をボールが通過しますわ^^;
普通なら気づかずとも感覚的に修正してくれそうなもんですが、なにぶん不器用な性分なもので……。

まぁ、まぁ
卓球どころか手に持ったなにかでボールを打つなんて競技自体初めてみたいなモンですし!
そこらへんはしょうがないっていうかー!! 必死だな


というわけで、前置きとしてはこんなところですが(長っっ
次回に続きます。

参考になったという方は投票お願いしますw
↓のバナーをクリックすると当ブログのランキングが上がります
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

本題が楽しみになってきましたな。
確かに私も再開して2年が経ちましたが、感覚が変わってきましたね。
速い球への対応も出来るようになってきましたね。


さきほど貼った「太陽」がカットサイズで55gあるのだがwww
ラケット193gとか無理・・・・・泣きそう。。。

>カットサイズで55g
ちょっと待てwwwwwww
あかんっすわー。ちょっとそれは俺クラスあかんっすわー;;;;
つーかそれで両面に合うとか言われてもって感じですね(;^ω^)

バック面のラバーは45グラムですか。
焦点1の2.0mmなら4~6グラムは減量できそうですぜww

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして、時折拝見しています。
私はtoraさんより、歴も浅くど下手な初心者です。

toraさんもご存知だと思いますが、
打球後は、必ず体勢を立て直し、基本姿勢に戻る。
打球後のポジショニングも大事ですよね。
打った後に、左右前後のポジション(立ち位置)を修正する必要も有る訳で。

これを普段のフォアロングとか、バックショートなどの基礎練習の中で、
意識してやっているかどうかで、全然違って来ると思います。

って、何を偉そうにと思われるかもしれませんが、
実はテニススクールでも、コーチから全く同じことを教えられていたからです。

スプリットステップも同じで、
相手が打って来る前に、ジャンプしてステップ踏むことよりも、
ステップした後に一旦止まる動作の方が重要だと言われます。

まあそれでも、ラベルが違い過ぎて、
相手のスピードに間に合わない場合は、
こちとら初心者としては、そんなことやってる余裕などないですよね。(笑

でも自分と同ラベルか、ラベルの低い人と練習する時は、
手抜きしないで、しっかり意識してやっとかないとね。

>うっき~☆さん
はじめまして^^
テニス経験者の方ですか!
私もなにか卓球のヒントを得られないかとテニスの試合動画を見たり解説書を読んだりしてましたw

卓球の場合は台が小さいので、テニスのラリーと比較して打球の角度が広くなりやすい上に返球されるスピードも速くなるのが特徴だと思います。
広角に打てる分 打ったときのコースによって次球の最適なポジショニングが大きく変わってしまいますし、時間的余裕もないのでニュートラルに戻る、というよりは連続攻撃するという姿勢で取り組んでますね。
仰るとおり、普段のラリーからしっかり足を使うという意識が大事だと思います。
Secre

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。