スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7枚合板ラケットの特性

ROM専さんのレビューの記事とあわせてご覧ください♪


7枚合板の代表的なラケット

SK7(Butterfly)
相手の球威に負けない弾きのよさとボールを包み込むような打球感から、スピードグルーを塗った感覚に近いとされる人気モデル。
日本の若手選手、実業団選手など多数使用。

ルデアック(Nittaku)
7枚合板の中でも操作性と軽量性を重視して設計されており、7枚合板特有の打球感のよさがありながらも扱い易い。
弾みを増したモデルとしてルデアックパワーがある。

クリッパーウッド(STIGA)
SK7と並ぶ7枚合板の名品。SK7よりも硬く、しかし板厚は薄くなっておりしなりを重視した構成といえる。
これのグリップ空洞モデルとしてクリッパーWRB、弾みを増したモデルとしてクリッパーCR WRBがあり、価格も安い。

7P-2A(DARKER)
高級な桧材のみを使用した7枚合板ラケット。桧独特の柔らかく吸い付くような打球感と、大抵が85グラム以下という軽量性。
桧の打球感と木目の美しさ、工芸品のような仕上げのよさから人気が高い。


板厚は6.5mm前後と厚めで、柔らかめの木材で構成されたものが一般的。

テンション系ラバーとの相性が非常によく、「カキーン」と高く響く打球音、また相手の球威に押されない反応のよさからスピードグルーの感覚に近いとされ、グルー禁止以降急激に人気を集めるカテゴリとなった。

ブレードの厚さから「しなり」が小さいため振動も少なく、インパクトの一瞬鋭く手に響くが純木材製ラケット特有の柔らかさがある。
そのため、ノングルーになって弾みは欲しいがカーボンなど特殊素材系の打球感が合わない、木材の打球感で弾みが欲しいというユーザーに需要がある。

性能面ではやはり球離れが早いため、ラバーはテンション系の中でも柔らかめのものがよく合う。
ボールの飛び出しは直線的で飛距離も出るため、スマッシュやドライブの威力はもちろんのこと前陣でのカウンタープレーから中陣からのパワフルな反撃まで、攻撃的なプレーに幅広く対応できる。
その性質上、表ソフトとも相性がよい。

欠点としては、しなりが小さく相手の球威に負けにくい反面、飛距離をコントロールしにくい面があり
小さなインパクトでも不用意にボールが飛び出しやすく、台上などの小回りが利きにくい。
そのためか、最近はアリレートカーボンやザイロンなどの自在性を両立した特殊素材系ラケットに移行するトップ選手がよく見られる。


私的雑感
SK7の攻撃性能はやばかったですね!
相手の球に押される感じが全然ないし、とにかく飛距離が出る
私は中陣からバックハンドをフルスイングして反撃するのが得意なのですが、このラケットを使った日には台から2~3メートル離れた位置からでもエースを取れるくらいでしたヽ(´▽`)ノ
気分はクレアンガ♪
…………ただ、私の技術では全体的なコントロールが難しくなりすぎてすぐに止めてしまいましたが;

最近、ラバーはテンション系の中でもかなり柔らかいものが注目されているように思います。
卓球王国のバリオビッグスラムの高評価から始まり、
シーザーToshiさんのブーストTSやアクーダS3のプッシュ、
WRMさんでもジーニアス+オプティマムサウンドの特集動画がアップされたり……

これらのラバーの打球感、打球音のよさを活かすならやはり硬めのラケットが合うでしょうね。
快音を響かせながら、とにかく気持ちよく球を打ちたいというなら7枚合板がオススメ!

7枚合板でもしなりが欲しいという方にはエキストラ7がオススメですよー
エキストラ7いいっすよー
そこの貴方もエキストラ7振らないか(゚д゚)

……すいません、仲間が欲しいだけです(;^ω^)
ルデアックも使いやすそうですが、ニッタクのグリップは合わないんだよなぁ……


参考になったという方は投票お願いしますw
↓のバナーをクリックすると当ブログのランキングが上がります
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

一番最初に使ったラケットが檜7枚(7P-2A.DF)ですけど、打球感は気持ち良いですね。
(他メーカーの檜製は判りませんが)
他の材質からシフトしてきた人には、打球感の好みがはっきり分かれるみたいですけど、
気に入ればやみつきになるくらいだと思います。
DARKERは先代社長が亡くなって、品質が心配されてます。
あの美しい仕上がりは先代だけの職人技でしたから。
初めて蝶のラケットを見た時、グリップなんか作りかけかと思ったくらいですw

>ニッタクのグリップは合わないんだよなぁ…

あれ?ニッタクのストレートが一番好きだって言っていたような気が(笑)

>>Omantaさん
作りかけわろたwww
たしかにダーカー社製ラケットのグリップは艶というか、質感が他とは一線を画しますよね。

以前桧単板のシェークラケットを借りて打ったことがあるんですが、柔らかく吸い付くような打球感と実際の球離れのよさとのギャップに驚いたことがあります。
焦点1と相性よさそうなんですよね。7P-2A試してみたいです……><

>>よーさん
ギャアアアアアアア(吐血
なかなかのTora通ですね……
まぁ、時間が経って技術も変わればグリップも変わるということでご容赦ください^^;
今は四角いグリップが好みです。バタフライのが一番いいんですが……
Secre

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。