スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tora式メンタルコントロール術

そろそろナイターの試合が始まります(`ω´)
といってもまー、タイミング悪く仕事の忙しい時期に入ってしまったもんでどれだけ参加できるか分かりませんが;

大会に臨むにあたって、メモ的な意味も含めToraなりのメンタルを安定させるコツをまとめてみたいと思います。


●楽しむ気持ちを忘れない!
試合の空気は最高ですねヽ(´▽`)ノ
不安になっちゃう人もいると思うんですが、自分が好きで卓球をやっている、卓球が好きだ、打つのが楽しいという気持ちを改めて確認してほしいです。

プロ選手でも、試合中に笑う場面がけっこう見られます。
好プレー、好ラリーのときはもちろん、うっかりミスしてしまったときも「やれやれ」といった感じで笑うことがあります。

勝ち負けがすべてのプロの世界、その試合におけるプレッシャーは我々パンピーには到底理解できない域にあると思われ
そんな中で笑っているなんて不謹慎じゃないか、あるいは、なんて豪胆な精神なんだ! と思う向きもあるかもしれませんが
彼らは「楽しむ」ことで最高のパフォーマンスが発揮できることを知っているのだと思います。

私は大会になると楽しすぎて頭の中がお花畑状態になってしまうのでけっこうリラックスできてるのだと思います^^;


●ネガティブ厳禁!イメージするのは「格好いい自分」
例えばサーブのときに「空振りするかも……」「ミスるかも……」なんて思っちゃうと、得てしてマジでその通りになったりしますよね。
ミスしたときの格好悪い自分をイメージしてしまうと、それを他の人に見られたらヤダなぁ……とか思って萎縮してしまうのはよくあるパターンではないでしょうか。

イメージが明確であるほどそれは現実に起こりうるもんです。
どうせなら、いいプレーをして観客を沸かせる……そんなイメージを持ちたいものです。
自分の戦い方を再確認することです。
普段の練習から意識しておく必要があります。


●一生懸命やる気持ちを持つ!
上記で「格好悪い自分」と言いましたが、全然それでも構わないと思います。
同じクラブのみんなが後ろで控えてるにしても、自分なりに一生懸命やってる姿勢を見せることができたら、それを悪く思う人はいません。
勝ち負けなんかより、自分をしっかり出せたかどうかが大事だと思います。

ちなみにToraは、普段から格好悪い姿しか見せてないので全然プレッシャーになりません(爆笑


●集中するための「キーワード」を設定する
その言葉を思い浮かべると自分の卓球に対してのモチベーションが上がるような、そんな呪文のようなものがあればいいですね。
漫画『ピンポン』のペコのドラゴン戦なんかいいですね。

「インパルス走るっ!!
 永久記憶不滅っ!!
 反応! 反射…音速! 光速!」

みたいな(*´▽`)

その他、『テニスの王子様』より出典

「俺様の美技に酔いな」
「リズムに乗るぜ♪」
「侵略すること火の如く」
「なるほど SUNDAYじゃねーの」
「You still have lots more to work on」←本気を出すときに英語で話す



…………。



まぁ、自分でいろいろ探してみるのもいいしょう;;;;

あとは自分の得意技に名前を付けるのもいいでしょうね
例として私の場合は

「天才サーブ」(フォアハイトス横回転系サーブ)
「庶民サーブ」(バック横回転系サーブ)
「スーパートラちゃんドライブ」(フォアループドライブ)
「強襲するスーパートラちゃんバズーカー」(中陣バックハンド強打)



……………………。



注意事項ですが、あくまで自分の中のイメージに留め
人前では言わないようにしましょう(*´▽`)b



●得点を設定する
実際の得点とは別に、自分が最も集中できる得点を意識してそのつもりで臨みます。

私の場合、ゲーム序盤はどうしても「何点か取られても大丈夫ー(´∀`)」と気を緩めてしまうので
自分の得点に関わらず、相手は10点取っていることを前提にしています。

私の場合は相手が10点のときもっとも集中できるのでこれですが、逆にプレッシャーがかかる人もいるかもしれないので
自分の一番集中できる点数を探してみましょう!


参考になったという方は投票お願いしますw
↓のバナーをクリックすると当ブログのランキングが上がります
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

天才サーブとか庶民サーブとか、桜木花道みたいなセンスですな
そんなトラちゃんに免じて私から試合に対する心構えをアドバイスしてあげよう。




あきらめたらそこで(ry

待ちに待ったメンタルコントロールの記事は、あまり参考になりませんでした。
トラちゃん・・・ヘンタイすぎるからww
ワシ、ノーマルですからww

私の場合は、レシーブの時は相手のサーブを目で追いながらバウンドを数えるんです。
「イチ」・ニイ」って。

フォア打ちのときに数えている時もありますね。
数を数えると落ち着くかも??
緊張する人には試して欲しいけど、トラちゃんには必要なさそうだ。。。。


>>リョースケさん
庶民シュートとかセンスよすぎっすよね^^

>>まーさん
バカな……俺専用だったというのか……www
バウンドを数えると焦らずにインパクトのタイミングに集中できそうですね。
緊張しないというよりは緊張感がないと言った方が正しいと思いますが、試してみたいと思います^^
Secre

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。