スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練習ではできてるのに、試合になるとできない??

卓球をやってると、
「練習ではできてるのに、試合になるとできなくて鬱(泣) なんでだろーなんでだろー(泣)」
というような嘆きを聞くことがよくあります。

同じくできないだらけの私が言うのも難ですが、どんな練習で何ができてるんだろうと思わずツッコミを入れたくなってしまう!
往々にして、ランダム性の低いシステム練習での技術精度に満足しちゃってるパターンなんではないかと思うんですが……。

「練習」ではなくて、「実戦」の中でどういう事態が起こりえて、
それぞれの状況で、自分はどういう選択肢を取るべきなのか?
その選択肢が、本当に「当たり前にできる」という自負を以って「できない(泣)」と嘆いているのだろうか?

まずもって、自分が打ったどういうボールに対して、相手がどういうボールを返してくるという可能性を考え
その組み立ての中で必要な技術を、どれだけの確率で実践できるのかということを考えれば……

練習メニューにしても、相当複雑なシステムをこなせるようにならなければ
実戦で生かすのが難しいのは明らかでしょう。


サービスから3球目攻撃、というパターンは最も「組み立て」を考えやすい状況と言えます。
下回転サービスをツッツキさせてそれをドライブ、
横回転サービスをフリックさせてそれをカウンターなど……。

しかし、例えば私の場合、ギリギリ台から出るようなツッツキをフォアドライブするのが苦手です;
普通に台から出てきてくれても、ツッツキにかなりの回転がかかっていたりすると精度はガタ落ち!

そんで、がんばってドライブかけたとしても、次の打球が意外に難しかったりしますよね。
ドライブに相手が対応してきた場合上回転のボールが返ってくるので、当然今度は対上回転のスイングになるわけですが、
ついつい直前と同じ対下回転のスイングが混ざっちゃってオーバーしちゃったりとか。

横回転サービスは最近よく使うようになりましたよ。
相手が強く払いにくいポイントに落としてヘボフリックさせ、そこにカウンターを合わせる展開になると非常に楽なんですが
上手い相手だと逆モーションしてきたり、こちらの横回転を利用してバウンドに変化をつけてきたりしてスーパーしんどいです。

「最も」組み立てを考えやすいパターンでこれなんですぜ……?

3球目攻撃を仕掛けたあとも大変ですよね。
どこに飛んでくるかも分からないドライブやらショートやらのボールを
一々フットワークなんぞ使いながらフォアバック使い分けてきっちり相手コートに返さなきゃいけないわけですから。

フットワーク練習と切り替え練習も散々やり込む必要がありますよ。

こんなん「できてる」って言えるようになるまで、
貴方は一体どんだけどんな練習をこなしてきたと言うのかと!!

そう私はツッコミたくなるというわけですよ!w


とはいえ、シンプルな内容で実戦力を高められる練習というのも確かに存在するんですけどね。
これに関しては、また後ほど記事を起こしたいと思います。


「あるある」と思っていただけた方は投票お願いします!
↓のバナーをクリックすると当ブログのランキングが上がります
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。