スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクーダS1&S2ファーストインプレッション!

わくわくてかてかにこにこむらむらしながらの1日目の感想ですヽ(´▽`)ノ

まずはフォア打ち!
まずはアクーダS1

おお、目の詰まった粒形状のトップシートは
さすがにテナジー・64と比べると弾き出しが強いΣ
軽打でも最初2~3球は角度が合わなくてオーバーしてしまいました。

が、角度に慣れると弾み自体はテナジーほどボーンと飛んでくようなものはなくコントロールしやすい!
逆に言うと、さすがにテナジーほどの破壊力は望めないみたい……
ちょっと残念でしたが、私ぐらいの技量だとこれくらいで丁度いいってものです(;^ω^)

ドライブはしっかり上に飛んでくれて感動wwww
そうだよ、やっぱりラバーって引っかかるものなんだよ……!www
みんなもラバーはこまめに取り替えましょうね!!!!

ただ、トップシートは他メーカーの回転重視のものと比べると
そんなに硬くないかも?

ヴェガプロみたいにパキパキならないし
擦ったときも、テナジー・05やラクザ7ほどグイイイッと持ってくような異常な引っ張り感はなく
目の詰まった粒形状のスピン系テンションの中では
ちょい食い込みがいい方で、回転性能はそれほど高くないかもしれない。

でも、その分コントロールしやすい!
ちょい劣るといっても水準以上の強い摩擦力があるのは間違いなく、クセのなさが利点だと思います。

粒の詰まったトップシートのスピン系テンションラバーは、たしかに強い回転性能を持ってますが
硬さがあるので、ハンパなインパクトだと弾き飛ばしが強くてコントロールしにくい面があります。
回転を重視したいけど、そういった扱いの難しさに困っている人は
アクーダS1を使ってみると楽になるかもしれませんね。


そして! 次!
アクーダS2!!

やべぇwwwwww
あまりの使いやすさに感動ッ……!!!!

アクーダS1も使いやすいなーと思いましたが、
S2は超・楽ぅ~に食い込んでくれて、S1と比べてもさらにコントロールしやすくなってます!

単に食い込みがいいだけじゃなくて
アクーダシリーズ共通である、回転重視トップシートの摩擦力がしっかり残っている
これが最大のポイントですね。
硬さが足りないからといって、擦って落ちるようなことはなく
ロングもドライブもしっかり上に飛んでいってくれるぅ~!


……ただ、バックだとToraには合いませんでした(;^ω^)
S1がバックで使うには硬くて扱いきれないというのはご愛嬌ですが、
S2がなぁ……

ラリー練習では、食い込みと弾きのバランスがよくてハーフボレーの感触は良好、
中陣からのドライブもめちゃ引っかかってミスる気がしない!

最近はより回転を重視した中陣バックドライブを練習していて
まだ覚えたてなのでほとんど安定していなかったはずなんですが
ちょっと打点がずれたりしてもめちゃくちゃ入って驚きました!

やべぇこれ、魔法のラバーじゃないか……!?

と思ったのも束の間、試合になると
対下回転や台上のバックドライブでオーバー連発orz

ちょい力抜いて、よりシート表面で擦るスイングにしたら入ってくれるようになりましたが
テナジー・64の感覚に慣れきっている私としては上手い具合に調整が利かず
その日の試合はズタボロでしたTT

こういう微細な感覚を要する状況で大きく差が出てくるんだなーと
改めて思い知らされましたね;

もう少し使いこめばいいんでしょうけど、
このラバーで入る打ち方は私の理想とするバックドライブのスイングじゃーないんですよね(´・ω・`)
もっとスパーン!と弾いたときギュルルィ~ンと回転かかってエンドラインに突き刺さってくれるようなラバーじゃないと……
まぁ、テナジー・64なんですがw
バックはどうしてもフォアよりパワーが劣るので、もっとラケットとラバーの反発を利用して球威を出すようなスイングをしたいんですよね。


総括としては、S1、S2ともスピン系テンションのよさがしっかりバッチリありながら
クセがなく扱いやすいので、万人にオススメできるラバーという印象でした。
フォア面S2の使いやすさはホント最高だなー(*´д`)

1日の使用ということで大雑把な感想を並べてみましたが
まだしばらく使い込んでみようと思います!


参考になったという方は投票お願いします!
↓のバナーをクリックすると当ブログのランキングが上がります
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。