スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キョウヒョウNEO2ファーストインプレッション

あの……コレ……

件のキョウヒョウNEO2なんですけどね
なんすかねコレ

全然弾まないんですけど(泣

意外に食い込みいいですからね
使いやすいことは使いやすい
この辺は以前使ったことのあるノングルーの新テンキョクに比べれば断然グッドではあるんですが

ボールの飛び出し角度とか飛ばし方のコツとか弾道とか
明らかに高弾性ラバーのそれなんですよね

まじでスレイバーぐらいしか飛ばないwwwww

なんなんだコレは
パチもん掴まされた?(泣
固体差ですか?(泣(泣


中国のトッププロはこんなラバー使わんだろうwww
やっぱりアレですね、已打底あつーく塗りたくってるとしか考えられん;;

ボールの飛ぶ角度がテナジーと比べるとぜんっぜん低い(ラケット面に対し垂直方向に近い)から擦るだけのスイングだとまるきし飛んでいかない;;;;
こりゃしっかり食い込ませにゃあ……

さすが粘着といったところか、練習相手の話では回転量自体はかなりあるとのことで相当ブロックに難儀してましたが
テナジー・05だったら同等(あるいはそれ以上)の回転量でもっとスピードも出せる自信があります(´Д`;

利点としては、キョウヒョウ加油(笑)を使ったときにも言われたことですが、一定のボールが出やすいテナジーよりも予測のつかない変化が出ることが多いようなので
弾まないことによる全体的な安定感と、不規則な変化によるミス狙いがこのラバーの強みと言えますかね

中陣ブンブン型と化してきているToraには厳しいです;;;;
キョウヒョウ加油(Tora専用8回塗りイカロール仕様)を使ったときは飛距離の心配もいらなかったんですけどねー
めちゃくちゃ飛距離出るしきっちり変化も出るし台上は止まるしwwww
さすがイカロールは格が違ったということでしょう

あの使用感は反則に近かったですね(゚-゚;)
そりゃ中国も粘着ラバーは手放せんて……

NEO2は粘着ラバーとの付き合い方を考えさせられる結果となりましたorz
正直こんなん使えNEEEEEEEEEE
粘着テンション使うくらいならテナジーでいい感がある;


誰かこのNEO2はパチもんだと言ってくれ(^q^)
↓のバナーをクリックすると当ブログのランキングが上がります
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。