スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XIOM『ヴェガ プロ』『ヴェガ ヨーロッパ』レビュー

お待たせしてしまいましたヽ(;´Д`)ノ
今回はWRMさん風にw


■モニター環境・自己紹介
卓球歴(戦歴):そういやまだ2年経ってないんだ∑(´Д`;
使用ラケット:メイス(ST)
比較ラバー:高弾性ラバー、ドイツ系テンションラバーいろいろ
過去に使用経験のあるラバー:思えばいろいろ使いましたよね……


■第一印象
ヴェガプロ外観レポート→http://trialpingpong.blog58.fc2.com/blog-entry-40.html

ヴェガアジア&ヨーロッパは共通のトップシートとのことですが、こちらはプロと比べ粒と粒の間隔が広く、食い込みのよさとスピード性能を重視したテナジー・64と同じコンセプトであることがうかがえます。

ヨーロッパは40グラムと非常に軽かったです!
店に測定してもらったラバー硬度を見ても、経験上少し柔らかすぎるんじゃないかと危惧したものですが……


■試打
攻撃技術全般
フォアハンド(ヴェガプロ)
決して柔らかくない、そして弾む……
しかし、この独特の球持ちのよさに衝撃を覚えました((゚Д゚))

食い込む、引っかかるという次元を超えて、ラバーがボールを「噛んでる」という表現が一番しっくりきます。
歯車と歯車が噛みあうようにヴェガがボールを噛んで、弾き飛ばすかのような……。

まだループドライブができないのですが、食い込ませてもぐんぐんボールを引っ張って鋭い弧線を描くので、下回転系の微妙なボールも水平に近いスイングのスピードドライブでかなり打ち抜くことができました。
パワースイングしたときの回転の無視っぷりがやばいですね。「自分のボール」にするパワーが非常に強いと思います。

スポンジ自体は硬いせいかスマッシュの威力もかなりのもので、反応がよくパワーロスを感じませんでした。


バックハンド(ヴェガヨーロッパ)
抜群に食い込みがいいわりに、弾きが強いです!

この柔らかさでこれだけのレスポンスのよさと引っかかりのよさを備えているというのは、ドイツ系テンションを使っていたときの常識からすれば考えられないと言っても過言ではありません。
ハーフボレーも得意のプッシュ強打も速度、安定性ともにすばらしいバランスです。

特に感動したのが対下回転性能の高さで、カーボスポンジの威力は柔らかくなっても健在のようです。
パーンと弾けて、下回転に負けてしまうことがほとんどありません。
それほど回転を重視しなくてもよく弧線を描いてくれるので、スピード重視で相手コート深くに突き刺さり決定打になることが多かったです。


守備技術全般
守備はマジデ苦手なのでろくなレビューが書けないことに気づきました∑(゚Д゚|||)
そういやブロックもロビングも全然練習してないね……。


サーブ・レシーブ・台上技術など
スレイバー・ELからの移行ということで、サーブに関して最初はやはり長くなりがちでした;
まぁ、慣れです。回転はよくかかるし、ロングサーブも簡単にスピードが出せます。

レシーブではやはり回転に敏感なようで、ヨーロッパなら柔らかいし多少大雑把でも大丈夫かな……と思ったのですが、
余裕で「ガッツン! ボットン!」という音すら聞こえそうな引っかかりのよさをいかんなく発揮してツッツキをネットミスしてしまいました(゚Д゚|||)

ストップもなかなか難しくなってますね;
第3世代ドイツ系テンションと比べると、シート表面で薄く捉えるストップが難しく感じました。
どうしても、イメージよりちょっと長くなっちゃうんですよね……。

ただ比較してポーン感がそれほどなく、ドイツ系テンションのときのようなちょっとうっかり力んで捉えちゃってボーン!なんてことがほとんどありませんでした。
4部対策でツッツキの強化を最優先に取り組んでいるのですが、慣れてしまえば非常に感触がよかったです。
回転も強くかかっているようで、相手がツッツキし返してもネットミスする場面が度々ありました。

フリックはめちゃくちゃ好印象でした。
やはり「自分のボール」にできるのでかなり自信を持って振ることができ、下回転サーブに対しても少しでも甘いと見れば構わず打っていけましたね。
他のラバーだったら怖くてできないところです;;落ちます;


■おすすめなプレーヤー
みんな使えばいいんじゃない!www

硬度的にはプロ>アジア>ヨーロなので、スイングスピードに応じてお好みのものをどうぞ。

ただ、さすがに弾みがいいので初心者にはオススメしません。スイングが縮こまってしまう可能性大(;´Д`)←経験者

基準としては、
フォア面であれば、ラリー練習でフォアロングとドライブがきっちりコーナーへ送りこめるくらい、
バック面であれば、ツッツキ打ちができるくらい……であれば、すぐにでもヴェガへ転向することをオススメします。


■まとめ
本当に衝撃的なラバーでした。
「俺クラスこんなの使っちゃっていいの?;;」と疑問に思ってしまいましたが、ここまで「違う」と逆に手放せないというものです(;´∀`)

用具厨で浮気性の私が、この感覚を失うことが怖いと思ってしまっています。
このラバーから変えることを怖いと思ってしまっています。
今のこの組み合わせはガチすぎる……!


総括としては……

ヴェガプロのスピードドライブがいいですねー。いいですねー(*´▽`)
多少の回転は気にせずぶち抜くことができ、自信を持って振り回せるのですぐにイイ気分になれますw

ヨーロッパはとにかくイメージどおりのボールが出る!
フォア面プロのスピードドライブ、バック面ヨーロッパの対下回転の強さで3球目の決定力が飛躍的に高まりました。

ただ、私自身の技術不足もあり守備と台上に難しさを感じました;
この辺は練習あるのみですね。この攻撃性能の高さを手放す理由にはなりませんよ。


記事が参考になったという方は投票お願いします(゚∀゚)
↓のバナーをクリックすると当ブログのランキングが上がります
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。