スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【メモ】状況別のグリップ

●人さし指
人さし指はブレードの中央寄りではなく、縁のほうへ置く。
縁へ持っていく意識をすることで、ラケットが立ち気味になることを防ぐ。

シュートドライブや台上の流しなど右横回転をかけるときは、逆に、ブレードの中央寄りに人さし指を持っていく、あるいは人さし指をブレードから浮かすようにすることで回転をかけやすくなる。

●親指
フォアハンドスイングでは少し曲げ、グリップの根元の斜面にかけるようにする。
こうすることでラケットの可動域が広がり、しなりと遠心力がいかしやすくなり威力が増す。

バックハンドでは軽く伸ばし、グリップを持つというよりも親指と人さし指でブレードを支えるイメージ。
こうすることで角度が安定するとともに、力を入れやすくなる。

●小指
台上処理においては、小指を外すことでラケットの可動範囲が広がり打法にバリエーションが出る。
ただし角度がぐらつきやすくなるので、余裕のない状況では通常のグリップで処理する。

●サービス
フォアサービスでは中指、薬指、小指を外し人さし指と親指だけでブレードを支える。
こうすることで手首の可動範囲をフルに使うことができるようになる。

人さし指と親指の位置は、
グリップの根元側を持つとラケットの遠心力を利用して回転をかけやすくなる。

逆に、ブレードを大きく持つようにすると、強い回転をかけるのは難しくなるが操作性がよくなり、またロングサービスを出しやすくなる。
また、YGサーブにも適している。

普段はグリップの根元側を持つようにして、ロングサービスを出すときは人さし指だけブレードの中央寄りに立てることで安定させる方法もある。

●ラケット
・ティモボル・スピリット
・メイス
・水谷隼
・ティモボルブレードシリーズ

ストレートグリップ。
上記のものはすべて同形状の角型グリップである。
一般的にクセが強いとされるが、ストレートグリップ特有の自在性に加え、四角い形状によるラケット角度の安定性も備えている。


参考になったという方は投票お願いしますw
↓のバナーをクリックすると当ブログのランキングが上がります
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。