スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厚めの5枚合板が流行る!? Toraが気になるこのラケット!

卓球王国の5枚合板特集記事は面白かったですね!
最近は「ちょっと厚め」な5枚合板ラケットに興味津々なToraであります。

特集記事で意外な高評価を得ていた『ベロックスαオーバードライブ』が6.2ミリ、『ストラタスパワーウッド』が6.3ミリと、主流の5枚合板ラケットと比べるとちょっとだけ厚めなんですよね。

7.0ミリあるような厚い5枚合板も「威力が出るのに、5枚合板特有の柔らかさ、回転のかけやすさがある」ということで付加価値の高さをアピールしてますし……

「5枚合板はやっぱ薄いやつでしょ!
 6.0ミリ以下じゃなきゃヤダヤダ!ヽ(`Д´)ノ」

みたいな考えの人はけっこう多かったんじゃないでしょうか?

まぁ私なんですけどね!!/(^o^)\

後加工禁止になって特殊素材系や7枚合板に移行するユーザーが増えましたが
今回の記事を受けて、厚めの5枚合板ラケットも十分選択肢に入るんじゃないかなーと。

今後は、5枚合板ユーザーのラケットの選び方がちょっと変わるんじゃないか
あるいは特殊素材系や7枚合板ユーザーにも、厚めの5枚合板ラケットが注目されるんじゃないか
そう感じますね。


個人的に気になるのはTSPの『アストロンレッド』!!

今のラケット選びは
藍鯨2との相性のよさ、そして弾みすぎない操作性のよさを求めているんですが

しなりのいい5枚合板ラケットだと、バックハンドがネックになるんですよね;
フォアは回転を重視したいですが、バックは弾きが欲しいんですヽ(;´Д`)ノ

特集記事を見ると、アストロンレッドは5枚合板らしい回転力と操作性があるのはもちろん

打球感がいい!
意外に弾ける!
重量も軽い!(平均85グラム)
しかもめっちゃ安い!(定価¥4,620)
デザインも真っ赤でカッコいい!www

ということで付加価値満載なように思いました!(*゚∀゚)=3
弾きのよさというのは、6.3ミリの厚さが成せるところでしょうか。

この赤色がいいなぁ~w
森田選手も言ってますが、男の子はやっぱレッドに憧れるんすよ!!(子?)

ちなみに、私がカットマンだったらデザインだけでアストロンイエロー選んでたでしょうね
目立ちたがりですね……(;´∀`)


その他の候補としてはJOOLAの『ウィングファスト』ですかね。
こっちは、6.0ミリと薄いですけど;;

しかしグリップ部分が桧単板というのは気になります!
ぶっちゃけ打球感に関していえば、5枚合板のしなって響く柔らかさよりも
桧単板や、一部の特殊素材のような手に響かない柔らかさの方が好きなので……。

けっこう弾んじゃいそうだけど使ってみたいなぁ。
グリップのデザインもすごく好みです。


厚めの5枚合板を使ってみたくなっちゃったという方は投票お願いしますw
↓のバナーをクリックすると当ブログのランキングが上がります
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

「きた!太陽きた!」「これで勝つる!」

いやー、つってもねー
大体ね、特殊素材ラケットに合うってもあのぐっちぃさんだよ? 基準になってるのは。

アリレートカーボンってけっこう硬いよ?
そりゃ打球感が柔らかいってのは認めるけどさ、球離れはだいぶ早いわけ。
ラケットの性質としては硬いわけよ。
ティモボル・ALCよりもずっと操作性を重視したメイスですら、上板かてー弾む弾むって言われてるエバンホルツⅤと比べても全然球離れ早いのね。

じつはそこらへんの、さも申し訳なさそ~にうっすぃーカーボンを中芯の隣に差し込んでるようなラケットの方が全然しなって回転がかけやすかったりする。
でもやっぱり打球感が硬いからなかなか気づかれない、報われない連中だけどね(笑)

ALCが柔らかくて回転かけやすいとか言ってるやつほど実際には球質が軽くなってるとか、そういうことあったりするわけ。

まぁなにが言いたいかってーと
Toraみたいなパンピーがその気になったって金の無駄じゃん?(笑)
用具厨なんてやつらは大体そんなもんだよ
焦点1で十分って話なんだよ!! ギャハハ(笑)(笑)










ハッ…………
俺は今まで一体なにを……?(゚д゚)


どうやら、悪い夢を見ていたようだ。

しかし、あれはきっと悪魔的なToraかなにかだと思われるが
彼の言うこともたしかに1つの真理だろう。

俺はまだまだ未熟。

大手を振ってALCラケットを使えるようになったとき。
そのときに太陽というラバーが、助けになってくれるのかもしれないな――。










World Rubber Market 店長の長部です。
この度はご注文頂き誠にありがとうございます。
在庫がある場合は商品を発送させていただきます。

○ ご注文の商品

・お届け先:ご注文者住所にお届け
[商品名]:【大ヒット予告】太陽【特殊素材専用】 (色: 黒, 厚さ: 特厚, 硬度: 38度) 2,205 円 x 2 個 4,410 円











天使的なTora「我慢は体によくないYO☆ とっとと買ってスッキリしちゃいなYO☆」




おい天使的なTora。




というわけで買っちまいました太陽。・゚・(ノ∀`)・゚・。

しかし聞いてると、こいつぁなかなか不思議なラバーですね。

粒が低くて太くて特殊素材ラケットに合う?
粘着でブロックが安定する?
バックでも使いやすい?
剥がすと破れる?
木材だとパワー不足かもって?

これらの要素を総合して考えてみると
粘着ラバーであり、粒が低く太かろうとも、硬度的にはやはり柔らかいものと推測することができますが……さて。

なんにしても実際使ってみるまではなんとも言えませんし!
まずはWRMさんの推奨に従ってとりあえずメイスに貼ってみて、その感触次第でもう1枚を他のどのラケットに貼るか考えていきましょうかね。

本命はやっぱりエキストラ7です(*´▽`)


参考になったという方は投票お願いしますw
↓のバナーをクリックすると当ブログのランキングが上がります
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村

7枚合板ラケットの特性

ROM専さんのレビューの記事とあわせてご覧ください♪


7枚合板の代表的なラケット

SK7(Butterfly)
相手の球威に負けない弾きのよさとボールを包み込むような打球感から、スピードグルーを塗った感覚に近いとされる人気モデル。
日本の若手選手、実業団選手など多数使用。

ルデアック(Nittaku)
7枚合板の中でも操作性と軽量性を重視して設計されており、7枚合板特有の打球感のよさがありながらも扱い易い。
弾みを増したモデルとしてルデアックパワーがある。

クリッパーウッド(STIGA)
SK7と並ぶ7枚合板の名品。SK7よりも硬く、しかし板厚は薄くなっておりしなりを重視した構成といえる。
これのグリップ空洞モデルとしてクリッパーWRB、弾みを増したモデルとしてクリッパーCR WRBがあり、価格も安い。

7P-2A(DARKER)
高級な桧材のみを使用した7枚合板ラケット。桧独特の柔らかく吸い付くような打球感と、大抵が85グラム以下という軽量性。
桧の打球感と木目の美しさ、工芸品のような仕上げのよさから人気が高い。


板厚は6.5mm前後と厚めで、柔らかめの木材で構成されたものが一般的。

テンション系ラバーとの相性が非常によく、「カキーン」と高く響く打球音、また相手の球威に押されない反応のよさからスピードグルーの感覚に近いとされ、グルー禁止以降急激に人気を集めるカテゴリとなった。

ブレードの厚さから「しなり」が小さいため振動も少なく、インパクトの一瞬鋭く手に響くが純木材製ラケット特有の柔らかさがある。
そのため、ノングルーになって弾みは欲しいがカーボンなど特殊素材系の打球感が合わない、木材の打球感で弾みが欲しいというユーザーに需要がある。

性能面ではやはり球離れが早いため、ラバーはテンション系の中でも柔らかめのものがよく合う。
ボールの飛び出しは直線的で飛距離も出るため、スマッシュやドライブの威力はもちろんのこと前陣でのカウンタープレーから中陣からのパワフルな反撃まで、攻撃的なプレーに幅広く対応できる。
その性質上、表ソフトとも相性がよい。

欠点としては、しなりが小さく相手の球威に負けにくい反面、飛距離をコントロールしにくい面があり
小さなインパクトでも不用意にボールが飛び出しやすく、台上などの小回りが利きにくい。
そのためか、最近はアリレートカーボンやザイロンなどの自在性を両立した特殊素材系ラケットに移行するトップ選手がよく見られる。


私的雑感
SK7の攻撃性能はやばかったですね!
相手の球に押される感じが全然ないし、とにかく飛距離が出る
私は中陣からバックハンドをフルスイングして反撃するのが得意なのですが、このラケットを使った日には台から2~3メートル離れた位置からでもエースを取れるくらいでしたヽ(´▽`)ノ
気分はクレアンガ♪
…………ただ、私の技術では全体的なコントロールが難しくなりすぎてすぐに止めてしまいましたが;

最近、ラバーはテンション系の中でもかなり柔らかいものが注目されているように思います。
卓球王国のバリオビッグスラムの高評価から始まり、
シーザーToshiさんのブーストTSやアクーダS3のプッシュ、
WRMさんでもジーニアス+オプティマムサウンドの特集動画がアップされたり……

これらのラバーの打球感、打球音のよさを活かすならやはり硬めのラケットが合うでしょうね。
快音を響かせながら、とにかく気持ちよく球を打ちたいというなら7枚合板がオススメ!

7枚合板でもしなりが欲しいという方にはエキストラ7がオススメですよー
エキストラ7いいっすよー
そこの貴方もエキストラ7振らないか(゚д゚)

……すいません、仲間が欲しいだけです(;^ω^)
ルデアックも使いやすそうですが、ニッタクのグリップは合わないんだよなぁ……


参考になったという方は投票お願いしますw
↓のバナーをクリックすると当ブログのランキングが上がります
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村

Tora式秘奥義・焦点1乱れ貼り

WRMさんのセールであまりの安さにうっかり購入してしまった焦点1が届いてましたヽ(´▽`)ノ


焦点1


4枚も。

なんか繋がってるしwww焦点列車ww


卓球ストア『TORA』より在庫ラケット


画像荒い(汗

メイスとエキストラ7に両面貼ってみました。

総重量はメイスが170グラム、エキストラ7が171グラムになったんですが
素振りしてみると重心はエキストラ7のが露骨に先端寄りにあるのを感じますね∑

ラケットを立てて並べてみてもグリップもブレードも長さはほぼ一緒のようなので
ブレードのエラの差が出てるんでしょうか。

ブレード形状のわずかな差でここまでスイングの感触が違ってくるとは……
総重量だけだとあまり目安にはならないようです。
バタフライラケットは重量のあるモデルが多いですが、重心は手前寄りのものがほとんどなのでその辺も考慮してみるといいでしょうね。


で、ちょい玉突きしてみるw

ん……?

メイスの焦点1もエキストラ7の焦点1も
赤色の方が微妙に弾きがいいですね∑(゚д゚;)

赤色のがスピードが出る
黒色のが回転がかかる とか
ぶっちゃけToraは「そんなん眉唾。くだらない、たかが顔料の違いで体感できるほどの差は出ないっしょ。はいはいプラシーボ効果プラシーボ効果」と思ってたクチですが

まぁ、
元々そういう仕様なのか、
ラバーのバラつきでたまたま2枚とも黒で弾まないものが当たっただけなのか
そういう可能性もありますが

今回の結果を見るとバック面で黒を使うのが怖くなってきました(;´∀`)
私の場合バックは反応のよさ、弾きのよさが欲しいので……


思うところがあり最近用具に求める要素もコントロール志向になってきています。
明日の練習が楽しみ(*´▽`)


参考になったという方は投票お願いしますw
↓のバナーをクリックすると当ブログのランキングが上がります
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村

トラちゃん卓球用具相談室

毎週1回練習に付き合ってもらってる会社の同期S木さん。
右のペンホルダーで、ラケットはニッタクのサナリオンRを使っています。

S木さんの卓球経験は高校時代に3ヶ月部活でやった程度と、まぁ初心者なわけですが
とてもブロックが上手いのでドライブを鍛えたい私としては非常に助かります(*´▽`)

しかし、その打球感のよさに満足していたレヴォファイア(2.0ミリ)が寿命を迎えたため
棚で腐りかけてたエクステンドHS特厚に貼り替えてみたところ、やはりブロックが抑えきれずオーバーが目立つようになってしまいました;

練習を繰り返せば精度は戻るかもしれませんが、やはり戦術に見合った用具でなければ効率が悪いと考え
給料も入ったばかりということでS木さん一大決心、ラケットとラバーを買うことにしたわけです(どーん

その漢気に私は「あれ、S木さん、あなた3ヶ月後に結婚式控えてるのに大丈夫なのかしらん」という言葉をグッと飲み込み、用具選びのアドバイスをすることになりました。
そもそも用具を変えるよう巧みに煽っていたのは私なので、責任は果たさなければなりません ←


そんなわけで本題。
コンセプトとしては、ブロックとツッツキの安定が第一。その上で、攻撃にもストレスを感じないもの。
オーダーは守備技術と攻撃技術、ともすれば相反する2つの要素を高い水準で両立しなければならないというものでした。


まずラバーですが、柔らかくて食い込みがよく、且つ弾みの控えめなテンションラバーを使うということで一致。

初心者でしかも守備志向というとコントロール系や高弾性ラバーが定番かもしれませんが、
是非ともテンションラバーを使ってほしいというのが私の考えです。

最近のテンションラバーはとてもよくできていて、
食い込みがいいのでコントロールしやすく、
且つ食い込んでからの飛びの反応もいいのでストレスがなく、
弾道もよく弧線を描いて安定し、
打球音もよく鳴るため打っていて気持ちいいんですよね!

実際S木さんも最初はコントロール系ラバーを貼っていたのですが、
レヴォファイアを貼ってからその打球感の気持ちよさに感動し「卓球が楽しくなった」と言っていました。、

用具選びについて意見を聞くときに一番最初に言い放った言葉が「最初のラバー(コントロールラバー)じゃなかったらなんでもいいよ」という始末wwwwwwwwひでぇwwwww

そんなわけで、テンション系ラバーの中でもコントロール性のよさとクオリティの高さを両立したラバーとして『モリストRSソフト』を選んでみました。
厚さは食い込みのよさと攻撃との兼ね合いも考慮して「厚」。

でもちょっと高いんだよなコレ。
今考えてみたらHK1997とか焦点1とかでもよかったかもしんない。おせーよバカちん。

ぶっちゃけもう注文しちゃったのでしゃーないねってことで、まぁラバーはモリストRSソフトを使うことに決めたわけですよ。


お次にラケットです。
今使っているサナリオンRは弾みの小さい5枚合板ラケットで、(カタログスペックではハードとありますが、性能として)柔らかい部類に入るためこれにかなり柔らかいモリストRSソフトを組み合わせてしまった場合、
打球感が鈍くなる、球が上に飛びすぎる、強打時食い込みすぎて失速する、落球するという可能性があるんじゃないかと考えました。

ハードスポンジ版を使えばバランスも取れる思うんですが、できればソフトスポンジ版を使えた方が取り回しが楽チンでしょう。

RSソフトと組み合わせるなら、単純に操作性を重視した5枚合板ラケットを選んではダメかもしれない
かといって硬いラケットは弾みの強いものが多く、肝心の操作性を損なう可能性がある
ならば……

ここで選んだのが『ボルガード』
バタフライのアリレート搭載ラケットです。

アリレートラケットはその振動吸収性能によるものか、特殊素材系らしい球離れのよさがありながらも弾みは小さいというなんとも異質な特徴を持っています。

打球感は独特の柔らかさがありながらも、ラケットの性質としては「硬い」ため柔らかいラバーを貼ってもレスポンスを損ないません。

この組み合わせなら、食い込みと反応のよさ、打球音による打ったときの気持ちよさはもちろんのこと
スマッシュのときはしっかり快音を響かせながら打ち抜くことができ
ブロックもしっかり抑えきれるのではなかろうか……!


そういったわけで自分なりに論理的に選定してはみたものの私自身モリストRSソフトもボルガードも使ったことないわけで、
そもそも打球の感覚なんて人それぞれなんで実際にS木さんが使うまではどうなるか分かりませんが(;´∀`)

さて、鬼がでるか蛇がでるか……


参考になったという方は投票お願いしますw
↓のバナーをクリックすると当ブログのランキングが上がります
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。