スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湿気でお困りのあなたに『TSPドライ』!

こんのクソ暑い時期、卓球プレイヤーにとって憂鬱なのが「湿気」の存在!!

ラバーに湿気が付着すると大変ですよね。
打球したボールが真下に落ちたりして(#^ω^)ビキビキくるし
当然、擦るドライブなんて論外
かといって、ボールが落ちるからって厚く食い込ませるとオーバーしたりとか……

引っかかってるのか滑ってるのかも分からない
ホントに感覚が狂わされます。自信がなくなって調子も落ちる……。


そんなアナタにオススメしたいのが『TSPドライ』!!

リンク先の通り、カタログの説明を見ると表ソフト用のクリーナーみたいな感じですが
こいつの湿気除去効果がバカにできないんですよ!
裏ソフトラバーにもかなりの効果を発揮しますよ。

練習の合い間に小まめに吹き付けるようにしてから、湿気による滑りをほとんど感じなくなりました^^v

クラブの仲間にも使ってみてもらいましたが、かなり効果があると言っていました。
湿気で困っている方には是非使ってみて欲しいアイテムですね。


参考になったという方は投票お願いします!
↓のバナーをクリックすると当ブログのランキングが上がります
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

【レビュー】ファスタークG-1(Nittaku)

膝痛めて涙目のToraです!
クリスマス近いってのに慰めてくれる彼女もいないんだぜ超笑えるだろ
ヽ(´▽`)ノ

今年のクリスマスプレゼントは膝サポーター♪

自分で……自分に贈ったの……(つДと)


ええい笑え! 笑ってくれよ!
負け組まっしぐらのToraですこんばんわ(ヤケクソ

今回ご紹介するのはニッタクの新作ラバー『ファスタークG-1』
天然ゴム主体のトップシートに、気泡の大きいスポンジを合わせた流行のドイツ製スピン系テンションラバーです。
私もその性能に惚れ込んで使い続けております(*´▽`)

このラバーのすごいところは、柔らかいくせに擦れるってとこですね。

柔らかいっていうとちょっと語弊があるかも?
打ってみると少し硬さを感じるんですが、気泡の大きいスポンジのせいか硬さのわりに食い込みが深いんですよね。

で、テナジーやその他のスピード系テンションほどボーンと飛んでっちゃう感じはないので
すごーくコントロールしやすい!

最近のラバーの中では、このコントロールのしやすさが何よりの長所だと思います。

そして……擦ってもボールが落ちない!
普通、柔らかいラバーってあんまりシート表面で擦るようなスイングだと摩擦してくれずボールが落ちやすい(硬いラバー使った後だと分かりやすいと思う)もんですが
ファスタークは擦ってもめちゃくちゃボールを引っ張ってくれますねー!
グイィィィッとw

『エネルギー伝導効率』という言葉を用いるならば
その意味を十二分に理解させてくれるラバーだと思います。

ドライブはしっかり上に飛ばせて弧線を描いて安定しますし、
ツッツキもべらぼうに切れます!
いやホント切れます!!大事なことなので二度言いましたよ

ラバー自体の回転性能の高さはもちろん、
弾きが強すぎないのでスイングも「ガッ!」と思い切りよくいけるんですよねー。

弾きすぎず、よく食い込むので
回転重視のわりにブロックもしやすい……と、いいことずくめですよ。


弱点はというと……
球威の弱さ、ですね(;´∀`)

食い込みがいいわりに弾きも強くないということで、ラバーのコシが弱いんですよね。
強打すると露骨にパワーロスを感じてしまいます。
食い込みすぎるんですねー;

回転性能は高いので、ループドライブなんかは思わぬ変化が出てミスってくれることもありますが
強く打てば打つほどパワーロスが目立ち、相手にも取りやすい球になってしまうようですorz

ヘキサーやジーニアスも似たような構成のラバーですが、私以外でも同系統のラバーを使った人は
やはり球威に難を感じる人が多いようです。
旧世代ドイツラバーといえるロクソンやナルクロスEXの方が断然スピードが乗るし、(強打のときは)回転もかかって重い球が出るんですよね。


まぁ、球威に目を瞑れば他は最高ですよ!!!!
球威に関しては、3球目攻撃とか、カウンター攻撃ならハンデにはなりにくいですし。

問題になるとすればラリー戦ですが、ラバー性能が問題になるくらいラリー戦で腰の入ったボールをガシガシ打てるような超上級プレイヤーは
テナジーか、それが嫌ならラクザ7かヘキサー+系(オプティマムとかコッパXとかオメガ4とか)を使えばいいんじゃないかと……!
あるいは反発の強いラケットを使うとかですかね。

けっこうラケットを選ぶラバーなんじゃないかなと思いました。
ラケットによってはコシの弱さが露骨に出たりするかもしれません。

同じニッタクの、特に最近発売したラケットや目玉商品の弦楽器シリーズは間違いなくファスタークと合わせてテストしてるはずなので
この辺りのラケットを選んでおけば間違いないんじゃないでしょうか。参考までにw


↓非リア充のトラちゃんに愛の手を!
投票してくれたあなたが今年の僕のサンタさん!(つДと)
↓のバナーをクリックすると当ブログのランキングが上がります
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村

【レビュー】コッパX2(DONIC)

しばらく更新サボっててすんません(´;ω;`)
予告していたコッパX2のレビューを書きたいと思います!


まず外観から。

コンセプトとしてはヘキサー+やジーニアス+オプティマムと同じようで
合成ゴム比率を増やした透明感のあるトップシート、
食い込みとスピードを重視した粒と粒の間隔の広さと高さ、
気泡が小さくなり、きめ細かくなったスポンジ
以上が特徴としてありますね。

前身であるヘキサーやジーニアスとはまったく別モノの作りになっていると言っていいです!
正直やつらはスポンジの気泡がデカすぎるわりにゴム自体の強度が足りない感じで
強打したときの球威のなさが弱点としてありましたが……

気泡を小さくしてコシの弱さを克服し、
柔らかいトップシートを組み合わせて食い込みのよさを補った

……のかなぁ(*´▽`)? ←

コッパX2はX1よりもスポンジが柔らかいということで、
同タイプのラバーと比べコントロール性能を重視したものになっているようですね。


で、実際使ってみた感想ですが
なによりバックハンドに貼るラバーはテナジー・64と同じような打球感覚を求めていた私……

飛ぶ角度や弧線の描き方、引っかかり具合などかなりテナジー・64に近いものがありました!

うおー助かった!
これはいいものだー!

ほぼ同じ打ち方でいけるのでテナジー・64ユーザーは技術的な支障は出ないと思いますよ!

具体的にどんな具合かと言いますと、
テナジー・05やヴェガプロ、アクーダシリーズのような回転重視のトップシートを採用したラバーと比べ
打球角度はやや下向きになります;
なので、上記ラバーに慣れた選手は回転がかけにくいと感じるかもしれません。
実際回転量は落ちます。

ただ、トップシートの食い込みがよくって、その分ボールの飛び出しも直線的になるので
かなりスピード感のあるボールを打ち出すことができますヽ(´▽`)ノ
食い込みがいいのでブロックも何気にやりやすかったり

……と、ドライブマンにとっては特にバックハンド系の技術と相性がいいという特徴を持ってます。
実際テナジー・64なんか多くの選手がバック面に貼ってますしね。

他にもスマッシュを主戦とする選手や、
弾くようにドライブを打つ選手、
中~後陣からでもスピードのあるボールを打ちたい選手には
フォアでもかなり使いやすいはずです。


同系統のラバーのコンセプトとしては、そんな感じですが

まぁこれはしょうがないというか、コッパX2は
テナジー・64と比べると飛ばないですね、さすがに……(;^ω^)

飛び方というか、飛ばし方は同じなので違和感なく使えますし
やはりX2ということで柔らかく、テナジーほどボーンと飛んでくような扱いの難しさはないので
私程度のレベルではむしろプラスに働いたと言えますw

相手の球威に合わせるようなハーフボレーは、同じ感覚で打つとちょっと弾道がポヤヤンとしがちで
より力を加える必要がありましたが

バックドライブはちょっと驚きましたね!

自分の力で打つような打球は意外なほどコシの強さが感じられ
十分なスピードがあり、後ろに下がっても飛距離に不満は感じませんでした∑

これ、X1だったら単純なスピード性能はテナジー・64に比肩すると思いますよ……
テナジーほどのラバー硬度に対する食い込みの深さはないので、操作性と回転力は落ちると思いますが;

X2はとにかくブロックが安定するのが最大の利点と感じましたね。
ホント、威力のあるドライブも止めやすいですw

X1の方が、軽いインパクトでもより攻撃的な弾道が出ていいかな……と思いましたが
X2はすごくブロックがやりやすいし、球威にも不満はないのでX2で続行です!


きめ細かくなったスポンジによるものか、X2ですらコシの強さはヘキサーなどとは段違いに感じ
X1なんかはトップクラスのスピード性能を持ってそうですね。
ヘキサー+やジーニアス+オプティマム、オメガⅣとかも同じ感じなのかな。

テナジーほどではないですが硬さに対する食い込みの深さ、回転性能は向上しているため
ロクソンやプライドのような以前のドイツ製テンションラバーをそのままパワーアップさせたかのような印象を受けました。

中でも操作性を重視したい選手はコッパX2がオススメで、特にバック面に貼るならかなり万人受けしそうな気がします。
テナジー・64のような弾きのよさと攻撃性能を求めるならX1、
より柔らかさと快音を求めるならX3がよさそうですね。


参考になったという方は投票お願いしますw
↓のバナーをクリックすると当ブログのランキングが上がります
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村


こき下ろすかのような書き方をしましたが、ヘキサー系のラバーもかなりオススメですよ!
コシがないといっても、それが問題になるのは相当レベルの高い選手ですし……

なにがいいかって、他の性能が軒並み高いんですよ!

次回はファスタークG-1のレビューを予定しています。
かなり気に入って使ってますww(用具変えないとかいいつつ∑)
ヘキサータイプのラバーですよヽ(´▽`)ノ

アクーダS1&S2ファーストインプレッション!

わくわくてかてかにこにこむらむらしながらの1日目の感想ですヽ(´▽`)ノ

まずはフォア打ち!
まずはアクーダS1

おお、目の詰まった粒形状のトップシートは
さすがにテナジー・64と比べると弾き出しが強いΣ
軽打でも最初2~3球は角度が合わなくてオーバーしてしまいました。

が、角度に慣れると弾み自体はテナジーほどボーンと飛んでくようなものはなくコントロールしやすい!
逆に言うと、さすがにテナジーほどの破壊力は望めないみたい……
ちょっと残念でしたが、私ぐらいの技量だとこれくらいで丁度いいってものです(;^ω^)

ドライブはしっかり上に飛んでくれて感動wwww
そうだよ、やっぱりラバーって引っかかるものなんだよ……!www
みんなもラバーはこまめに取り替えましょうね!!!!

ただ、トップシートは他メーカーの回転重視のものと比べると
そんなに硬くないかも?

ヴェガプロみたいにパキパキならないし
擦ったときも、テナジー・05やラクザ7ほどグイイイッと持ってくような異常な引っ張り感はなく
目の詰まった粒形状のスピン系テンションの中では
ちょい食い込みがいい方で、回転性能はそれほど高くないかもしれない。

でも、その分コントロールしやすい!
ちょい劣るといっても水準以上の強い摩擦力があるのは間違いなく、クセのなさが利点だと思います。

粒の詰まったトップシートのスピン系テンションラバーは、たしかに強い回転性能を持ってますが
硬さがあるので、ハンパなインパクトだと弾き飛ばしが強くてコントロールしにくい面があります。
回転を重視したいけど、そういった扱いの難しさに困っている人は
アクーダS1を使ってみると楽になるかもしれませんね。


そして! 次!
アクーダS2!!

やべぇwwwwww
あまりの使いやすさに感動ッ……!!!!

アクーダS1も使いやすいなーと思いましたが、
S2は超・楽ぅ~に食い込んでくれて、S1と比べてもさらにコントロールしやすくなってます!

単に食い込みがいいだけじゃなくて
アクーダシリーズ共通である、回転重視トップシートの摩擦力がしっかり残っている
これが最大のポイントですね。
硬さが足りないからといって、擦って落ちるようなことはなく
ロングもドライブもしっかり上に飛んでいってくれるぅ~!


……ただ、バックだとToraには合いませんでした(;^ω^)
S1がバックで使うには硬くて扱いきれないというのはご愛嬌ですが、
S2がなぁ……

ラリー練習では、食い込みと弾きのバランスがよくてハーフボレーの感触は良好、
中陣からのドライブもめちゃ引っかかってミスる気がしない!

最近はより回転を重視した中陣バックドライブを練習していて
まだ覚えたてなのでほとんど安定していなかったはずなんですが
ちょっと打点がずれたりしてもめちゃくちゃ入って驚きました!

やべぇこれ、魔法のラバーじゃないか……!?

と思ったのも束の間、試合になると
対下回転や台上のバックドライブでオーバー連発orz

ちょい力抜いて、よりシート表面で擦るスイングにしたら入ってくれるようになりましたが
テナジー・64の感覚に慣れきっている私としては上手い具合に調整が利かず
その日の試合はズタボロでしたTT

こういう微細な感覚を要する状況で大きく差が出てくるんだなーと
改めて思い知らされましたね;

もう少し使いこめばいいんでしょうけど、
このラバーで入る打ち方は私の理想とするバックドライブのスイングじゃーないんですよね(´・ω・`)
もっとスパーン!と弾いたときギュルルィ~ンと回転かかってエンドラインに突き刺さってくれるようなラバーじゃないと……
まぁ、テナジー・64なんですがw
バックはどうしてもフォアよりパワーが劣るので、もっとラケットとラバーの反発を利用して球威を出すようなスイングをしたいんですよね。


総括としては、S1、S2ともスピン系テンションのよさがしっかりバッチリありながら
クセがなく扱いやすいので、万人にオススメできるラバーという印象でした。
フォア面S2の使いやすさはホント最高だなー(*´д`)

1日の使用ということで大雑把な感想を並べてみましたが
まだしばらく使い込んでみようと思います!


参考になったという方は投票お願いします!
↓のバナーをクリックすると当ブログのランキングが上がります
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村

【レビュー】太陽(銀河)ラストインプレッション

あまりにも擦って打てないのが不思議だったんですが、他の人の感想を聞いてもやはり「そういうラバー」のようなので
私なりのレビューを書いてみたいと思います!

特殊素材ラケット推奨ということで、メイスに貼ってテストしました。
カットサイズで50グラムでしたが、これでも軽い方みたいです。
上は50グラム後半くらいまであるようで、固体差はけっこうありそうですね。

以前も言った通り、このラバーはとにかく食い込ませて打つラバーですね。

スイングにちょっとでも擦る要素が入ると、これが全然ダメなんですよ!;;
なぜかボーンと(ブレード角度に対し)水平にぶっ飛んでいってコントロールが利かない!
逆に、摩擦しきれずポロッと下に落ちることもあります。

ループドライブを主戦武器とするTora、ここは意地になりますww
で、フォロースルーで手首を思いきり返すようにしてなんとかかんとか弧線を描かせてコートに入れるわけですが……
相手の人に聞いてみると

「ちょっと(バウンド後)伸びるけど、
 なんかホワァ~ンとして取りやすい


なんて言われる始末……!
バ、バカな
俺のループがっ……俺の誇りがっ……!(つДと)

トップシートの極太粒から摩擦力には期待していたのですが、まさかまさかの展開
やはり柔らかいせいでしょうね。


食い込ませて打つということは、ラバーとラケットの弾性をフルに利用してスピードとスピンを稼ぐということですが
このラバーの弾みは未打底藍鯨2以上、スピンアート以下といったところで
最近のラバーと比較するとかなり微妙なところ。
弾き飛ばすようにブチ打っても大して球威が出ないんですよね……

弾まないラバーでも、擦りきって思いきり回転をかけることで球威を稼げるはずなんですが
このラバーにはそれが望めませんしね^^;


このラバーのいいところは、カウンターもブロックもイケるってとこですね!

個人的に
柔らかいラバーはブロックしやすい
しかし、カウンターはラバーが力負けしやすい

硬いラバーはカウンターしやすい
しかし、ブロックは回転の影響を強く受けて難しくなる

そう考えてますが、
太陽は食い込みがいいのでブロックが安定しますし
自分から力を加えても、極太粒が相手の球威を受け止めてくれるような感じで
打球方向がブレません!

特にハエ叩きのようなカウンタープレーで力を発揮するんじゃないかと思います!


それ以外の要素としては
食い込ませると回転の影響を受けにくくなるという特性上、対下回転も打ちやすく感じました。
弾くようなパワードライブか、角度打ちがいいと思います。

サーブは落ち着いて球を持ってくれ、引っかかりがよく感じられます。
ただ、回転量自体は特別強くかかるわけでもないですね;
粘着ラバーとも硬いラバーとも柔らかいラバーともつかない、不思議な打感ですが
サーブの感触は粘着ラバー以下、テンションラバー以上といったところでけっこう良いと思います。

台上も、ツッツキは強く切っても最後まで球を持ってくれる感じがあっていいですね。
ロングボールは全然摩擦してくれなかったのに……不思議;
粘着があるわけでないのでテンションラバー特有の難しさというのは残ってますが
全体的にはやりやすい方だと思います。


総合的に見て、前陣プレーで力を発揮する要素が揃ってると思います。
後ろに下がると全然ダメですが∑(´Д`;
やっぱり球威が出ないので……。
むしろバックハンドの方がイケそうですが、バックに貼るには重量が重過ぎますね(´・ω・)

貼るラケットは打法の特性上、やはり特殊素材系というか、しなりの小さいものがいいと思います。
むしろ7枚合板の方が合うかもしれません。


参考になったという方は投票お願いしますw
↓のバナーをクリックすると当ブログのランキングが上がります
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。